- トップメニュー | 検索
企画課

環状2号線

  • 環状2号線は、磯子区森三丁目(国道16号)を起点とし、鶴見区上末吉五丁目(川崎町田線)に至る横浜市の中心部をとりまく環状道路です。
  • 本路線は、放射方向の幹線道路と立体交差で接続して、市中心部の通過交通をう回させ、また地域の連絡強化につながる道路です。
  • 平成13年度には「第13回全国街路事業コンクール」において、国土交通大臣賞を受賞しました。
  • 平成13年3月30日に本線部と、保土ケ谷バイパスと接続する新桜ヶ丘インターチェンジの東名高速道路方面側ランプが全面開通しました。
  • 平成17年3月27日に国道16号線と接続する東川島外回りランプ、平成17年3月28日に高速湾岸線・国道357号を直接結ぶ屏風ケ浦バイパスが開通しました。
        ●過去のお知らせ
        →平成17年(2005年)春、環状2号線と高速湾岸線・国道357号が直結しました(平成17年3月) 
        →空から見る環状2号線(平成13年3月)

 

概要:

起点終点代表幅員(m)延長(m)
磯子区森三丁目 鶴見区上末吉五丁目 42 24,500

環状2号線の地図

▲ページトップへ戻る
トップページ > 道路局 > 企画課 > 道路整備の基本方針 > 幹線道路について > 幹線道路―環状2号線