- トップメニュー | 検索
企画課
道路ふれあい月間概要
道の日シンボルマーク
 毎年8月1日から31日は「道路ふれあい月間」です。
 この月間は、道路を利用している人々に改めて道路とふれあい、道路の役割を再認識してもらい、さらには、道路を常に美しく、安全に利用する気運を高めることを目的としています。
 また、大正9年8月10日に、わが国最初の近代道路整備についての長期計画である「第一次道路改良計画」が実施されたことを記念して、昭和61年から8月10日を「道の日」に制定しています。
 道路は日常の生活に欠くことのできない最も基本的な公共施設ですが、あまりにも身近な存在であるため、その重要性が見過ごされがちです。
 そこで、8月の「道路ふれあい月間」を機会に、道路の重要性を再認識するとともに、道路の正しい利用に努めましょう。
 道路ふれあい月間にちなんだイベントとして、「各区土木事務所のイベント」を行っています。
 

道の役割・正しい利用
▲ページトップへ戻る
トップページ > 道路局 > 企画課 > 道路ふれあい月間