- トップメニュー | 検索
橋梁課
鶴 屋 橋
平成29年12月更新


鶴屋橋架替事業について


新橋は、平成29年9月29日に開通しました。御協力いただきましてありがとうございました。

1 事業概要 :
  鶴屋橋は神奈川区鶴屋町2丁目と西区南幸一丁目を結び、帷子川分水路(旧:派新田間川)
 に架かる橋梁です。
  旧橋の鶴屋橋は竣工後50年以上が経過し老朽化が進んでいました。また、1日の歩行者数
 が約5万人と大変多い状況でしたが、歩道が狭く、通行に支障をきたしていたため、架替工事
 を行いました。
  架替後は歩道が拡幅され、耐震性や治水安全度も高まり、安全で安心な橋に生まれ変わり
 ました。

2 事業箇所 :
  横浜市神奈川区鶴屋町2丁 目17番地先から西区南幸一丁目2番地先まで

3 事業年度 :
  
平成22年度〜平成29年度

4 計画概要 : 
 (1) 旧橋
    橋長   ;25.364m
    全幅員 ;10.625m(車道4.97m、歩道2.64m、3.015m)

  


 (2) 新橋
    橋長   ;25.4m
    全幅員 ;15.75m(車道4.75m、歩道5.5m×2)

    

5 施工状況紹介 〜新しい鶴屋橋が出来るまで  :
  
(1)  仮作業構台・仮歩道の工事を行う。

      古い橋の撤去を行うため、仮の作業道路と歩行者の迂回路となる仮歩道を
      施工します。

   

          仮作業構台施工                   歩道迂回路

 (2)  古い橋の撤去工事を行う。
        古い橋の上部工(橋桁・床版)と下部工(橋脚・橋台)を撤去します。

    

                                            旧橋撤去

 (3)  新しい橋の下部工の工事を行う。
        新しい橋の下部工(橋台)を施工します。
   

                                     ジャイロプレス工法

 (4) 新しい橋の上部工を製作し、架設工事を行う。
       新しい橋の上部工(橋桁・床版)を製作し、現場に設置します。

   

             上部工架設状況                                   桁の製作

 (5) 仮作業構台・仮歩道の撤去工事を行う。
       新しい橋の上部工設置後、仮の作業構台と歩行者の迂回路となる仮歩道撤去します。
   

                                         仮作業構台撤去

(6) 橋の開通
      橋の上と周辺をアスファルトで舗装し、新しい鶴屋橋の完成です。
   

             誘導ブロック設置                            アスファルト舗装

 (参考) 開通式
           御協力いただきまして、ありがとうございました。

 

               開通式
  
 

 

▲ページトップへ戻る
トップページ > 道路局 > 橋梁課 > 老朽橋の架替え > 鶴屋橋架替事業