- トップメニュー | 検索
橋梁課
天 神 橋
平成30年4月更新


天神橋架替え事業について

 

 新橋は、平成30年3月12日(月)に開通しました。御協力いただきましてありがとうございました。

1 事業概要 :
  天神橋は、関東大震災の復興事業として昭和2年(1927)に完成した二級河川堀割川 
 に架かる橋梁です。
  築造後約90年が経過し、床版下面の断面欠損やそれに伴う鉄筋の露出・腐食、橋桁
 の腐食や歪み等の老朽化が進行しており、これに加えて幅員も5.5mと狭く歩車道の区
 分がなかったことから、平成21年度より架替事業を進めてまいりました。
  新しい橋は、車道を拡幅して両側に歩道を設けることで、地域の交通利便性の向上と
 歩行者の安全が確保されます。
  また、天神橋バス停留所として使用されていた天神橋上流の張出歩道も、本橋と同様 
 に老朽化が進行していたことから、天神橋の架替工事内で撤去し、新たに天神橋下流側
 にバス停留所を設置しました。

2 事業区間 :
  横浜市磯子区丸山一丁目2番地先から上町11番地先まで

3 事業年度 :
  
平成21年度から平成29年度まで

4 計画概要 : 
 (1) 旧橋
   橋長   :27.2m
   全幅員  :  5.5m(車道5.5m)

  


 (2) 新橋
   橋長   : 30.0m
   全幅員  : 16.6m(車道7.0m、歩道4.0m×2)

    

5 施工状況紹介 〜新しい天神橋が出来るまで〜
  
(1)  仮設構台の設置

      下流側バス停留所の築造や新しい橋の築造に必要な作業スペースを確保するため、
  堀割川の上に仮設構台を台船で設置します。

   
    ▲台船による仮設構台設置
                  

 (2)  バス停留所の築造

      天神橋の下流側にバス停留所を築造します。また、旧橋の撤去作業からは旧橋が通
  行止めになるため、仮設の歩道を設置します。

    
      ▲バス停留所状況      

      

(3)  旧橋撤去

      旧橋の上部工(橋桁・床版)と下部工(橋脚・橋台の一部)を撤去します。

    
        ▲床版撤去状況 


(4)  下部工の築造

      新しい下部工を築造します。

    
          ▲A1橋台築造完了 


(5)  上部工の製作・架設
   上部工の製作・架設を行います。架設は220t吊クレーンによる吊架設で
  施工しました。

    
          ▲クレーン架設状況


(6)  張出歩道の撤去
   天神橋上流の張出歩道を作業構台と台船の両方から撤去します。

    
    ▲台船による張出歩道撤去状況


(7)  取付道路工ほか
   天神橋に取り付く国道・市道の舗装を行います。また、仮設構台を撤去し、
  護岸を復旧します。

    
        ▲国道夜間舗装状況


(8)  完成
   最後に橋面に防水工、舗装を施工して新しい天神橋の完成です。

    
      ▲灯具と高欄        

      
 
 

 



 

▲ページトップへ戻る
トップページ > 道路局 > 橋梁課 > 老朽橋の架替え > 天神橋架替事業