- トップメニュー | 検索
橋梁課
末 吉 橋
平成19年3月竣工


末吉橋架替事業について

1) 事業概要  :
末吉橋は関東大震災の復興橋梁として昭和4年に完成しました。
その後75年が経過し著しい老朽化が見られたことから、架け替え工事を進め、平成19年3月31日に開通しました。
記者発表:平成19年3月13日 末吉橋が間もなく完成します

  ◆ 新橋を設計する上でのポイント
(1)大規模地震にも安全な橋とする。
 ⇒ 最新の設計仕様に適合した橋、耐震性能の強化
(2)誰もが安心して通行できる橋とする。
 ⇒ 両側歩道、幅員の確保、勾配の緩和(バリアフリー化)
(3)道路交通、供給処理施設の添架等、現橋の機能を確保する。
 ⇒ 現在の位置での架け替え、歩行者用仮橋の設置

2) 事業箇所  : 中区黄金町1−5番地〜中区末吉町3−44番地
               位置図

               大岡川に架かる橋梁

3) 事業年度  : 平成13年度〜平成18年度

4) 計画概要  : 
【旧 橋




 旧橋写真
  橋長 26.05m(上路式ランガー橋:コンクリート橋)
  幅員  5.15m

    現橋損傷状況
 

【新 橋】
計画平面図・断面図
 
  橋長 31.032m(ポータルラーメン橋)
幅員 14.8m(車道7.0m 歩道3.0m×2)


側面図

横断図

5) 完成写真 :
 

 
▲ページトップへ戻る
トップページ > 道路局 > 橋梁課 > 老朽橋の架替え > 末吉橋架替事業