- トップメニュー | 検索
横浜環状道路調整課
   横浜湘南道路

事業概要

 栄区田谷町、横浜環状南線の栄インターチェンジ・ジャンクション(仮称)を起点とし、戸塚区小雀町付近からトンネル構造で鎌倉市北部を通過し、国道1号の地下を通り、藤沢市城南の藤沢インターチェンジにおいて、新湘南バイパスおよび国道1号と接続する自動車専用道路です。
 また、圏央道(首都圏中央連絡自動車道)の一部に位置づけられています。
  ≫圏央道(首都圏中央連絡自動車道)のページへ 
 
諸元

 都市計画名称  1・4・7 横浜湘南道路
 起点〜終点 横浜市栄区田谷町〜藤沢市城南一丁目
 延長 約7.5km(横浜市域 約1.9km、鎌倉市・藤沢市域 約5.6km)
 出入口 2か所(栄IC・JCT※、藤沢IC)
 道路構造 4車線、設計速度80km/h(第1種3級)
 事業者 国土交通省、東日本高速道路株式会社


 






 ※ICはインターチェンジ、JCTはジャンクション。IC、JCTの名称は仮称

 ・ルート、構造、進捗状況などについては以下のリンクを参照してください。
  横浜湘南道路(国土交通省横浜国道事務所)
 
お知らせ
 現在お知らせはありません。  
 
関連リンク
 ・横浜湘南道路(国土交通省横浜国道事務所)
▲ページトップへ戻る
トップページ > 道路局 > 横浜環状道路調整課 > 横浜湘南道路