- トップメニュー | 検索
建設課

一般国道1号(不動坂工区)

 
 不動坂交差点は、横浜中心部と戸塚・湘南方面を結ぶ幹線道路である「一般国道1号」と横浜新道方面へ渡る「戸塚支線(一般国道1号)」及び「県道瀬谷柏尾」が変則に交わる交差点で、通学路の安全対策及び渋滞緩和を目的とした交差点改良を実施しています。
事業地区
一般国道1号(不動坂工区)
道路法第13条により「指定区間外」として横浜市が管理等を行っている区間に位置します。
区間 戸塚区柏尾町から 戸塚区上矢部町まで 延長1,100m
事業年度    平成9年度〜平成34年度
経緯 平成 9年度 事業着手・用地取得開始
平成19年度 整備計画の見直し(地下式立体から平面拡幅へ)
整備効果
慢性的渋滞の解消・緩和による本市南西部地域の交通機能の向上
  不動坂交差点を起点とした慢性的渋滞を解消・緩和することにより、運転者の時間損失を抑え、移動時間の短縮を図ります。これにより、横浜中心部〜湘南方面など不動坂交差点を利用する交通の円滑な流れが確保され、物流や産業など経済活動を支援するとともに、市民行動を促進します。
また、周辺の国道1号では、戸塚駅に隣接する大踏切の交通弊害を除却する柏尾戸塚線の地下化事業(※)が平成26年度に完了しています。今後、不動坂交差点の改良を行うことにより、一般国道1号の連続したスムースな流れが確保され、戸塚区など本市南西部地域の南北の動線が強化されます。

柏尾戸塚線の整備(戸塚駅前地区中央土地区画整理事業)横浜市都市整備局ホームページへ
慢性的渋滞の解消・緩和による沿道環境の改善
  不動坂交差点をボトルネックとした慢性的な渋滞(いわゆるノロノロ運転)を解消・緩和することにより、自動車交通の走行速度を改善させ、排気ガスや騒音等で周辺地域に負荷をかけていた沿道環境を改善します。
用地取得率※ 43%(平成29年度末)
事業進捗率※ 60%(平成29年度末) 
現在の工事
契約内容
◆一般国道1号(不動坂交差点)道路改良工事
 工事場所    戸塚区柏尾町441番1地先から447番1地先まで
 契約日      平成30年12月18日
 工期       平成31年3月29日まで
 契約金額     11,514,960円
 契約の相手方 (株)眞和
関連情報 ◆都市計画などの行政地図情報はこちらからご覧になれます。

※ 用地取得率は、事業認可を受けた区域のうち、取得済み面積の割合を示したものです。
※ 事業進捗率は、総事業費の執行率として示したものです。

 
■ 事業区間(都市計画道路の計画幅員を赤で着色)
■現況写真(不動坂交差点付近)


保土ケ谷方面(平成30年10月)


戸塚駅方面(平成30年10月)

小田原方面(平成30年10月)

瀬谷方面(平成30年10月)
▲ページトップへ戻る
トップページ > 道路局 > 建設課 > 一般国道1号 > 一般国道1号(不動坂工区)