- トップメニュー | 検索
河川管理課

宇田川

宇田川は、泉区中田町付近に源を発し、ほぼ南西に流下、戸塚区俣野町で横浜と藤沢の市境となっている境川に合流しています。

光景

かつて、宇田川は村岡川と呼ばれていました。村岡は地域の郷の名で、大正時代に川下に堤を設けた宇田氏の功績を讃えて、宇田川名が生まれました。

上流域(泉区中田町周辺)は、昭和40年代の高度経済成長にともない、市街化が急速に進みました。

中流域は起伏に富み、「まさかりが淵市民の森」にも隣接する緑の多い地域。下流域は田畑が多く、近くにドリームランドがあります。

昭和45年度から都市小河川改修事業により改修が始められ、計画改修延長は3.52kmとなっています。

水辺の紹介

まさかりが淵

まさかりが淵

戸塚区汲沢町にある滝で、市民の森の、名称ともなっています。この滝にはきこりの彦六と美しい娘との民話が伝えられ、昭和62年度に民話の公園が完成。滝の保全と合わせて、周辺が整備されました。

「きこりの彦六が木を切っている最中に、まさかりを誤って淵に落としてしまった。すると滝の主の美しい女性が現れ、彦六を滝の庭の方に招いた。彦六は数日滝の庭で女性と過ごす。女性と別れるとき絶対にこのことは他言しないと約束する。しかし女性と別れ、家に帰ってみると、家のものは自分の三回忌を行っていた。驚いた皆に、彦六は約束を破り滝の話をしてしまった。すると彦六はその場で死んでしまった。それからこの淵をまさかりが淵と呼ぶようになったと言う。」(まさかりが淵の民話)

データ

管理区分 境川水系二級河川
延長 約3.52km
▲ページトップへ戻る
トップページ > 道路局 > 河川管理課 > 横浜の河川紹介 > 宇田川