- トップメニュー | 検索
河川管理課

帷子川

帷子川は旭区上川井地先に源を発しています。中堀川、今井川などの支流を合わせ、相鉄線に沿って流れます。

光景

横浜駅西口付近で石崎川、新田間川、派新田間川に分派し、横浜港に注いでいます。

帷子川の名の由来は、その昔、北側の河口部沿岸がなだらかで、片側だけが平地だったことから、「片平(かたひら)」の名が起こり、それが「帷子」となった、といわれています。

昭和33年、台風22号(狩野川台風)が流域に大災害をもたらしました。これを契機に本格的な河川改修工事が始められました。横浜市の施行区間は、中堀川合流点より上流でかつての都岡村と二俣川村との境界を流れる区間です。この区間は、ほとんど未改修で蛇行の激しい流域でした。そこで、改修計画法線は蛇行をショート・カットして、極力直線に近い形になるようにしています。

水辺の紹介

帷子川親水緑道

この親水公園は市民の皆さんが、水辺に親しめるよう「水と緑と歴史のプロムナード事業」の一環として整備しました。

これは、河川敷空間(中堀川合流点〜鶴舞橋、延長600m)を有効に利用した公園で、地形や自然、水の流れなどの渓谷風景が生かされています。工事は昭和58年度に着手され、昭和63年度に完成しました。

川辺の散歩道整備

鳥越橋・清来寺橋間で河川管理用通路と旧河川敷を利用した、植栽のある川辺の道整備を実施しています。帷子川は河川が深く堀込まれているため、護岸上部を緩やかにし、芝を敷いたり、緑化ブロックなどを用いてコンクリート面が少なくなるように配慮しています。

データ

管理区分 帷子川水系二級河川
延長 延長約6.17km
▲ページトップへ戻る
トップページ > 道路局 > 河川管理課 > 横浜の河川紹介 > 帷子川