- トップメニュー | 検索
河川管理課

水辺愛護会

 

1 水辺愛護会制度とは

市内には、多くの川が流れ、また、小川アメニティやせせらぎ緑道など身近な水辺が多くあります。美しい河川や水辺は、私たちの心に潤いと安らぎを与えてくれます。
水辺愛護会は、河川や水辺施設の環境を良好に保つことで、快適に水辺とふれあい、親しめるよう地域や有志の方々により構成された美化活動等を自発的に行う団体です。
現在、92団体(平成29年5月末現在)が活動しています。

えんげい塾(戸塚区)
えんげい塾(戸塚区)
富士見水辺愛護会(泉区)
富士見水辺愛護会(泉区)
 

 2 水辺愛護会をつくるには

河川・水辺施設周辺の皆さまを中心に、5人以上のグループをつくり、道路局河川管理課に水辺愛護会結成届を提出し、所定の手続きをとっていただきます。まずは、土木事務所にご相談ください。
また、愛護会結成後内容に変更があった場合は変更届を、活動終了後には実績報告書等を提出していただきます。 詳しくは、「6 関係資料」をご覧ください。

 

3 活動の場所は

横浜市の管理する河川や、横浜市が整備した河川及び小川アメニティ・せせらぎ緑道等の水辺施設などを対象に活動していただきます。
 

 4 活動内容は

河川・水辺施設の清掃及び除草活動を行います。
また、水辺施設を活用して、自主的な活動やイベントを実施していただくことも活動の一つです。
 

 5 横浜市の支援内容は

 (1)活動の規模や内容に応じて、補助金の交付等の支援を行います。活動が終わった段階で、実績報告書等を提出していただきます。

 (2)水辺愛護会通信
   水辺愛護会の自主的活動を紹介し、水辺愛護会との情報の共有化や活動の充実を図るため、「水辺愛護会通信」を発行しています。

 ・ 第1号(平成22年12月)・ 第2号(平成23年6月)・ 第3号(平成23年12月)

 ・ 第4号(平成24年6月)・ 第5号(平成24年12月)・ 第6号(平成25年6月)

 ・ 第7号(平成25年12月) ・ 第8号(平成26年6月) ・ 第9号(平成26年12月)
 
 ・ 第10号(平成27年7月) ・ 第11号(平成28年2月) ・ 第12号(平成28年7月)

 ・ 増刊号(平成28年8月) ・ 第13号(平成28年12月) ・ 第14号(平成29年7月)

 ・第15号(平成29年9月)

   

6 関係資料 

 (1)各種様式
       水辺愛護会結成届  [PDF]PDF形式  [Word]Word形式
       愛護会役員・会員名簿  [PDF]PDF形式  [Word]Word形式
       モデル規約  [PDF]PDF形式  [Word]Word形式
  ※モデル規約を参考に規約を作成してください。
       変更届(結成後)  [PDF]PDF形式  [Word]Word形式
  ※愛護会結成後に変更があった場合にご使用ください。
       補助金交付申請書等   [PDF]PDF形式  [Word]Word形式
        ※補助金交付申請時に提出していただく申請書です。     
     報告書等   [PDF]PDF形式  [Word]Word形式
       ※活動終了後に提出していただく報告書です。    
 (2)横浜市水辺愛護会設置要綱                         [PDF]PDF形式                   
 (3)横浜市水辺愛護会活動補助金交付要綱  [PDF]PDF形式

 7 問い合わせ先

 

    河川管理課        

 電話 : 045−671−2855   
              ファックス : 045−651−0715
   Eメールアドレス : do-kasenkanri@city.yokohama.jp            

 

PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。

▲ページトップへ戻る
トップページ > 道路局 > 河川管理課 > 水辺愛護会