- トップメニュー|検索
横浜市立市民病院 3年目の私
トップページ > 医療局病院経営本部 > 看護職員採用情報 > 横浜市立市民病院 3年目の私

横浜市立市民病院 3年目の私

3年目の私は

自分の業務だけでなく他のスタッフの動きを見ながら行動できるようになりました。1年目は、覚えることが多く日々の業務をするのが精一杯でした。しかし、3年目になると業務にも慣れて、自分の受け持ち患者さん以外にも他のスタッフの動きを見てコミュニケーションを取り、考えながらケアや処置をするようになりました。また、日常業務以外にもPNSのプロジェクトメンバーや広報活動なども任されるようになりました。
※PNS…パートナーシップ・ナーシング・システム
    安全で質の高い看護をともに提供することを目的に、
    2人の看護師がよきパートナーとして、対等な立場で、
    互いの特性をいかし、相互に補完し、協力しあって
    看護を提供する方式

看護師の仕事で嬉しかったこと

児の成長を家族と一緒に喜べることです。NICUでは、早産児や出生後の環境に適応できない児が入院してきます。そのため、入院時は呼吸器や点滴、胃管などの治療が行われます。しかし、児の状態が安定し、呼吸器離脱や経口での哺乳ができるようになったことなど、児の一つ一つの成長を家族と一緒に喜べることにとてもやりがいを感じています。 

横浜市立市民病院 3年目の私

後輩の育成で大切にしていること

話しかけやすい環境作りをしています。
一年目の時は、慣れない環境で緊張していることも多かったため、何か分からないことがあったときに後輩が声をかけやすいように心がけています。    

看護師として更にレベルアップするために

NICUでは、呼吸器、循環器、脳神経などテーマを決めて定期的に勉強会が開催され、病棟内には貸し出しができる専門の図書や雑誌が揃っているため、それを用いて日々の学習をしています。また、自分の興味がある内容には、積極的に院外研修に参加して新しい知識や技術を習得できるように心掛けています。

横浜市立市民病院のここが良い

教育体制が整っていることです。一年目の時には、精神的な支援をしてくれるエルダーさん、知識や技術面では実地指導者さんがついてくれます。しかし、一人一人の成長に合わせて日々の業務をスタッフ全員でフォローして教えてくれたため安心して仕事ができました。看護師の経験年数が長いスタッフも病棟内に多くいるため、色々な相談ができ、先輩を見習って日々成長できます。

  • 横浜市立市民病院 1年目の私
  • 横浜市立市民病院 1年目の私
  • 横浜市立市民病院 1年目の私

横浜市立市民病院 3年目の私

看護学生の皆さんへ

学校のように講義中心の勉強ではなくて、職場は実践しながら学んでいけるからきっと楽しいと思います。一緒に働ける時は聞きやすい雰囲気を作るので、相談してもらえると嬉しいな♪

  • 採用情報
  • 病院見学

mailto:by-saiyo@city.yokohama.jp