- トップメニュー|検索
横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 3年目の私
トップページ > 医療局病院経営本部 > 看護職員採用情報 > 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 3年目の私

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 3年目の私

3年目の私は

仕事にも少し余裕が出てきてオンとオフの切り替えができるようになりました。
1年目の頃は、休みの日にも仕事のことを考えてしまったりしていたんですが、3年目になって少し仕事も覚えてきたのでオンとオフも分けて考えることができるようになってきています。仕事面では、プリセプター(教育係)を任され、妹のように可愛い新人ナースと一緒に充実した毎日を過ごしています。オフの日は、同期や先輩ナースと一緒に横浜駅の周辺にショッピングに出かけたり、みなとみらいを散歩したりしてリフレッシュしています。

看護師の仕事で嬉しかったこと

1年目の時に初めて受け持ちをした患者さんが退院をする時に、ICUにわざわざ「ありがとう」と言いに来てくれたことです。ICUに入院する患者さんは経過が良くなると一般病棟に移ってしまうので、あまりICUのことを覚えていない方が多いんです。そんな中、わざわざご挨拶に来てくれたのがとても嬉しくて今でも印象に残っています。

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 3年目の私

後輩の育成で大切にしていること

1年目はとにかく覚えるのに精一杯で、何ができていて何ができていないのか解らなくなりがちだから、「ここはできてるよ」といった声がけをして、できていることをしっかり認めてあげるようにしています。私自身も教えてもらう立場から、教える立場に変わった事で、今まで以上にひとつひとつの理解が深まり、教えながらも、教えてもらってるような気がして一緒に成長しているんだと実感しています。

看護師として更にレベルアップするために

脳の専門病院なんですけど、ICUでは肺炎だったり、循環器系の入院もあるので、院外の勉強会にも積極的に参加するようにしています。
また、急性期から回復期までを、継続して治療・看護・リハビリテーションが行えるのが当センターの強みなので、急性期から早期のリハビリテーションや患者さんの今後を見据えた看護を提供し、在宅復帰率をもっと高められるように今後も知識や経験を広げたいと考えています。

横浜市立脳卒中・神経脊椎センターのここが良い

看護学校時代にいろいろ勉強する中で、脳の分野にとても興味を持ちました。脳は全身の司令塔というとても重要な器官なのでやりがいのある分野だと思います。そして、脳に対する専門性の高さ、横浜という場所、見学した時のアットホームな雰囲気に惹かれてこの病院を選びました。

  • 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 3年目の私
  • 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 3年目の私
  • 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 3年目の私

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 3年目の私

3年前の私へ

脳卒中・神経脊椎センターでは、新人看護師一人ひとりに合った教育で、部署全体、病院全体で
新人看護師を育てよう!ということを大切にしているので安心して仕事ができると思います。
是非一度見学に来てみてください。

  • 採用情報
  • 病院見学

mailto:by-saiyo@city.yokohama.jp