- トップメニュー|検索
横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私
トップページ > 医療局病院経営本部 > 看護職員採用情報 > 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私

10年目の私は

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師として、理想の看護を追い求めています。
10年の間にはたくさんの患者さんと触れ合ってきました、退院されていった患者さんも、そうでない患者さんも忘れられない患者さんがたくさんいます。これで本当に良かったんだろうか?と常に考えてしまいます。10年経っても相変わらず気持ちの切り替えが苦手で、休みの日も看護のことを考えていることもあります。
たまには趣味のダイビングに行って思いっきりリフレッシュしたりします。

看護をする上で1番大切にしていること

本当の意味での患者さん本意の看護を提供したいと考えています。
そのために、患者さんのできないところ探しではなく、できるところを探して、強みが何かを見極めること、患者さん自身の言葉で病気に対する思いを語ってもらうことを意識しています。

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私

後輩の育成で1番大切にしていること

頑張っていることやできていることを誉め、反対に患者さんにとって良くないことをした時にはその場で指摘するようにしています。何が良くて何が良くないのかを教えていくことが重要だと思います。あとは仕事の後に食事を一緒にしたりして看護観を語り合ったりもしています(笑)

認定看護師になるために

病院の教育制度を利用して、半年の間「脳卒中リハビリテーション看護認定看護師教育課程」を受講させていただきました。受講したことによって、これまでに行ってきた看護の裏づけを再認識できたり、本当の意味での"患者さん本意の看護"という、看護の原点に戻れたことも大きかったと思います。そして、全国に様々な経験を持っている仲間が出来ました。

これから目指していること

脳卒中・神経脊椎センターの在宅復帰率はとても高い実績が出ています。これが何故なのかをもっと分析したいと考えています。個々の経験や知識を病院全体で共有できればもっと在宅復帰率は高まるはずです。10年目の看護師と3年目、1年目の看護師のそれぞれで看護の質が変わってしまってはいけません。良い事例をしっかり分析し、仕組みとして全体に共有していくことが今後の目標です。私ひとりでは出来ません、みんなで進めて行きたいと思います。

  • 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私
  • 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私
  • 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私

横浜市立脳血管医療センター 10年目の私

10年前の私へ

脳血管障害の患者さんの看護は難しさもありますが、看護師がたくさん関わることができる分野でもあります。日々、回復の経過をたどる患者さんと喜びを共有できたときには胸が熱くなる想いです。

  • 採用情報
  • 病院見学

mailto:by-saiyo@city.yokohama.jp