- トップメニュー|検索
横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私
トップページ > 医療局病院経営本部 > 看護職員採用情報 > 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私

10年目の私は

入職時はICU・手術室に勤務し,手術看護と急性期看護を学びました。手術室が独立し4年目となりましたが、時代とともに新しい術式や手術で使用する器械も変わる為10年目となった今でも毎日が勉強です。
そして日々の患者さんとの関わりから手術看護の醍醐味を感じています。家庭を持ち育児をしながら働く先輩方も多いため、結婚してからも仕事と家庭のバランスを保ち、仕事をすることができています。

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私

看護をする上で1番大切にしていること

手術を受ける患者さんは入院・手術・麻酔に対して様々な思いを抱えています。手術室看護師が患者さんと関わる時間は限られていますが、「手術」は患者さんにとって一大決心をした治療となります。
患者さんの一番近い存在となり、安心して安全に手術が受けられるよう、倫理的配慮、手術チームが円滑に機能するようコミュニケーションを大切に看護を実践しています。

後輩の育成で1番大切にしていること

手術室は特殊な環境であり、リアリティショックを受ける方も多いです。そのような中でも環境や仕事に慣れるように個人のペースに合わせて関わるようにしています。そして部署のスタッフ全員が教育に関われるように工夫しています。手術中は当然緊張しますが緊張の中にも手術看護のやりがいや楽しさを感じてもらえる事を大切にしています。

認定看護師になるために

手術においては「より複雑な術式の器械出しにつけるようになりたい」と思い、疾患や手術で使う器械について学習してきました。先生方も熱心に教えてくださるので興味を持って楽しく学習ができました。
また院内研修やステップアップカレッジ等研修の機会も多く、自己研鑽にも繋がりました。看護研究にも取り組み、学会参加を通して最新の知識を得る機会もあります。日々具体的な目標を持ち、取り組むことが大切だと思っています。

これから目指していること

進学に対してのサポートも充実しているので、これからは手術看護の領域だけではなく、幅広い経験を積んだ上で自分が選択した看護の専門性を高めていきたいと考えています。ワークライフバランスを保った上で、常にチャレンジをし続けていきたいと考えています。

  • 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私
  • 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私
  • 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 10年目の私

横浜市立脳血管医療センター 10年目の私

看護学生の皆さんへ

手術室では医師を含め医療技術職の皆さんとチームで手術を行う為、患者さんとだけなでなく多くの職種と関わる機会があります。そして体力・集中力・コミュニケーション能力も必要とされます。専門病院の手術室だからこそ、学べる事はたくさんあります。是非一緒に手術看護を学び、深めていきましょう。

  • 採用情報
  • 病院見学

mailto:by-saiyo@city.yokohama.jp