- トップメニュー|検索
福利厚生

看護への情熱を支え続ける場所でありたい。

横浜市では、組織としてワークライフバランス(仕事と
家庭生活の調和)の推進に取り組んでいます。
すべての職員がそれぞれのライフステージに合わせて、
「仕事」も「仕事以外の生活」も充実させることを
目指しています。
福利厚生面では、育児や介護を行う方を支える制度も
充実。また、契約施設やショッピングの割引などに
ついても豊富なメニューを用意。
個人のライフステージにあった様々なサポートを
受けることができます。

  • 育児支援
  • 自分磨き
  • 住まい
  • 休日休暇
  • 多彩なサークル

市立病院職員は、看護師であり公務員でもあります。各種制度も手厚く整備され、安定的に安心して働くことができます。

育児支援

病院の保育施設では、両病院とも、夜間・休日勤務も安心して働けるよう、24時間保育や土日保育を導入しています。
育児休業制度(3歳まで)・育児時間・部分休業制度・育児短時間勤務制度があります。

  • 育児支援 にこにこ保育園(0~6歳/市民病院)
  • 育児支援 ゆず保育園(0~3歳/脳卒中・神経脊椎センター)

育児支援

市民病院勤務 兵庫県立淡路看護専門学校出身

育児休業から復職して「育児短時間勤務・育児時間」という制度を利用しています。おかげで仕事をしながらも子供と過ごす時間をちゃんと確保でき、仕事も家庭生活も充実しています。
仕事中、子供は院内保育室に楽しそうに通っていますし、子育て経験のあるスタッフも多く、温かく支えてくれますので、安心して仕事に集中できます。

自分磨き

様々な分野に興味を持ち、自己の教養を高め思考の幅を広げることも、仕事への活力を養う上でとても有意義なこと。そこで、年数回、希望者を対象にカラーコーディネート術など、各界講師を招いて「自分磨き研修」を開催しています。

古武術式介護研修

古武術式介護研修

ベッドからベッドへ患者さんを楽に移動できるなど、古武術を応用した技術研修です。

カラーコーディネート研修

カラーコーディネート研修

自分に似合う色を知ったり、色の力を活かして、外見も心の中もキレイに元気になる研修です。

住まい

両病院とも通勤に便利な単身寮を完備しています。市民病院寮は、病院へは徒歩5分以内。横浜駅周辺やみなとみらいへも好アクセス。脳卒中・神経脊椎センター寮は病院に隣接したオートロックのワンルーム。周辺にはコンビニ・スーパーなども充実。

  • 住まい 看護師宿舎内観(市民病院)
  • 住まい 看護師宿舎外観(脳卒中・神経脊椎センター)

 

市民病院勤務

寮は病院からすぐ、徒歩2~3分。三交代で夜中に出勤したり、仕事を終え帰ることもありますので、病院から近いのは安心・安全です。
また、出勤前ギリギリまで寝ていられたり、仕事を終えてすぐ寝られるので、十分体を休められます。休日は、病院の前からバス10分で横浜へ。遊んだりショッピングを楽しんでリフレッシュしています。

 

脳卒中・神経脊椎センター勤務

寮は病院の目の前なので緊急での対応でもすぐ駆けつけることができますし、夜勤で帰りの夜道も近いので安心です。ワンルームですが、収納スペースが多いので部屋が広く感じます。また、横浜にも近いので休日は買い物や同期と一緒に食事に出かけたりと、さまざまな魅力でいっぱいです。

休日休暇

4週8休制、年次休暇20日、夏季休暇5日、服忌休暇、結婚休暇6日(土日祝日を含まず)、出産休暇(産前・産後各8週間)、介護休暇、病気休暇、子の看護休暇、骨髄提供休暇などがあります。

  • 休日休暇 休日にはみなとみらいでショッピング
  • 休日休暇 中華街でグルメも楽しめます。

休日休暇

市民病院勤務 新潟県立看護大学出身

休日は、スキューバダイビングを楽しんだり、冬場はスノーボード、天気が好い日は、仲間とフットサルで汗を流したりしています。また、自己啓発も兼ねて、BLS(一次救命処置)のインストラクターとしても活動しています。夏休み、お正月休みなど、まとまった休みも取れるので、オン・オフの切り替えをしながら、日々業務を頑張っています。

休日休暇

脳卒中・神経脊椎センター勤務 横浜市立大学看護短期大学部出身

旅行が趣味なので、毎年夏休みは海外旅行に出かけています。今年はタイに行ってきました。タイの文化や習慣に触れることができ、とても楽しい旅行になりました。仕事では緊張感の連続ですが、こうして長期に休みをいただけるので、心身共にしっかりリフレッシュして、新たな気持ちで仕事に取り組むことができます。

多彩なサークル

スポーツ系や文化系など2人以上集まれば、同僚・先輩・職種の分け隔てなく、同じ趣味嗜好同士の多彩なサークルが活発に活動中。楽しいひとときは、コミュニケーションもグッと深まり、仕事とプライベートのメリハリもできておススメ!

  • 多彩なサークル フットサルサークル
  • 多彩なサークル 工場見学部

多彩なサークル

市民病院勤務 神奈川県立衛生短期大学出身

小児病棟では、自称○○部がいくつも存在しています。写真好きの私は、職場でも「写真部」として常にデジカメを持ち歩き、シャッターチャンス?を逃しません。その他、「スイーツ部」ではホテルのケーキバイキングに出かけたり、他の部署のスタッフや先生方と、「フットサル」で交流を図り、日頃のストレス発散にもなっています。

多彩なサークル

多職種のバーベキューで盛り上がります!職員の絆と強いチーム力の秘訣、それは医師やコメディカルと、職員の家族など誰でも参加OKな恒例の"バーベキュー"にあり。八景島近くの横浜市職員厚生会寮『ログ金沢』で管理栄養士による自慢の料理とウクレレの生演奏で楽しい時間を過ごし、仕事への鋭気を養っています。

  • 採用情報
  • 病院見学

mailto:by-saiyo@city.yokohama.jp