- トップメニュー|検索
キャリア支援

ナースとしてのキャリアを高める、深める 充実の教育指導体制。

横浜市立病院看護職員教育・研修方針

患者さんから信頼される質の高い看護サービスを提供していくためには、実践をとおして自己を高めると同時に、研修への参加や、自分自身で課題を持って学ぶなどの自己研鑽が必要です。横浜市立病院では、人間性豊かで、臨床実践能力に優れ、幅広い視野で状況判断し、対応できるキャリアナースの育成をめざしています。それを支援するのが、Career Development Programです。自己の臨床実践能力を常に点検しながら、一歩一歩着実に能力を高めていくために5段階で到達目標を設定。あなたの看護師としての能力やライフプランに合わせながらのキャリアアップをサポートします。

  • 医療チームメンバーの中で調整的役割をとり、看護師長を補佐することができる。部署の業務に精通し、
    ケア管理においてメンバーを指導・支援できる。
  • 部署において円滑な業務が遂行できるよう、役割をとることが
    できる。キャリア開発について方向性を持つことができる。
  • 受け持ち患者以外の看護計画に対しても積極的な関わりができる。
    リーダーシップを発揮し、後輩や学生に指導的役割をとることができる。
  • 受け持ち患者の個別性を踏まえた問題解決ができ、適切な看護実践ができる。
  • 基本的な知識・技術・態度を修得し、正確で安全な看護実践ができる。

CDPの研修・教育方法

CDPでは、個人のレベルや各段階に応じて、次のような様々な研修やセミナー等に参加できます。
OJT、各病院のプログラム、院内・院外研修、院内・院外看護研究発表会、講演会、セミナー、教育機関派遣

キャリアナースに求められる臨床実践能力

看護サービスの実践能力マネジメント能力人間関係能力教育研究能力

進学制度

さらなるキャリアアップを希望する人には、採用後5年以上の職員を対象とした
卒後教育機関への進学制度があります。

先輩たちの声

先輩1

市民病院勤務

臨床実習指導者を2年間務め、現在は教育委員として新人教育、現任教育に携わっています。学生には患者さんに直接関わる楽しさや、看護ケアによって患者さんの変化を目の当たりにできる喜びを伝えられたらと、考えながら接していました。新人教育は学生指導とまた違った難しさがありますが、新人と関わることで改めて気づかせてもらうことも多く、日々勉強だと痛感しながら過ごしています。

先輩2

市民病院勤務

救命救急センターに配属となり、日々の勤務の中で更に救急の知識を高めたいと思い進学という道を選びました。周りのスタッフの支えや応援もあり、恵まれた環境であったからこそ大きな決断をすることができました。在学中は師長をはじめ看護部のサポートもあり、安心して勉学に励むことができました。今後は患者さんを家族のように思い、緊迫した状況でも安心安全な看護が提供できる看護師になることが目標です。これからも自己研鑚に励み、一歩ずつ成長していきたいと思います。

先輩3

脳卒中・神経脊椎センター勤務

16年間、脳卒中の急性期から一般病棟、外来・救急外来で経験を積んできました。その中で、脳卒中の患者さんは認知症や高次脳機能障害を合併している高齢の方が多く、看護の難しさを感じています。しかし、ご家族や地域との連携で患者さんに寄り添い、継続して看護できることにやりがいも感じていました。上司は、私の好きな看護であることを理解していて、認知症看護認定看護師への受験を勧めてくれました。そして、同僚の応援と看護部のサポートで無事合格し、これから新たなことを学べること、そして部署を超えて活動できることを楽しみに頑張っています。

先輩4

脳卒中・神経脊椎センター勤務

私は、半年間の臨床指導者講習会を受講しました。勤務しながら学習の機会を得られたことと、その学びを臨床で活かすことができる環境に感謝しています。現在は、学んだ知識を活かして実習指導者として学生が実習目標を達成できるよう指導を行い、また、学生が看護師に声を掛けやすく実習しやすい風土づくりを目指して日々取り組んでいます。

  • 採用情報
  • 病院見学

mailto:by-saiyo@city.yokohama.jp