- トップメニュー|検索

トップページ > 医療局病院経営本部 > 記者発表資料 > 平成28年度 > 横浜市立市民病院における内頸動脈損傷事故について

横浜市立市民病院における内頸動脈損傷事故について

記 者 発 表 資 料
平成28年9月2日
医療局病院経営本部市民病院


横浜市立市民病院における内頸動脈損傷事故について

 市民病院において、平成28年2月16日(火)未破裂脳動脈瘤の手術中に脳血管(内頸動脈)を損傷し、止血処置を行ったものの、2週間後にくも膜下出血を発症する事案が発生しました。 
 この件について、外部の有識者に加わっていただいた調査委員会を設置し、原因を分析するとともに、再発防止に向けた対策について検討を行い、報告書をまとめました

 今回、患者ご家族にも報告書の内容をご説明し、公表に関しても同意をいただきましたので、お知らせいたします。 
 患者さん及びご家族の皆様に深くお詫びを申し上げますとともに、病院として引き続き全力で治療にあたります。また今後、再発防止を徹底し、市民の皆様の信頼回復に努めてまいります。


◆問合せ◆

医療局病院経営本部市民病院総務課長
川崎 洋和   電話:045-331-7721

PDF形式のファイルを御覧いただくには、Adobe(R) Reader(無償配布)が必要です。 (Adobe(R) Readerをお持ちでない方は、下記のボタンをクリックすると入手方法を確認頂けます。)