- トップメニュー|検索

トップページ > 文化観光局 > 創造都市 > 創造都市の取組 > 創造界隈の形成 > 【事業者が決定しました!】「文化芸術創造発信拠点形成事業」を実施する事業者を公募しました

【事業者が決定しました!】「文化芸術創造発信拠点形成事業」を実施する事業者を公募しました


関内・関外エリアイメージ

 

 横浜市では、平成16年から横浜の最大の強みである「港を囲む独自の歴史や文化」を活用し、文化や芸術のもつ「創造性」を生かして、都市の新しい価値や魅力を生み出す都市づくりを進めています。
 その一環として、多様な分野のアーティスト・クリエーターのさらなる集積を促し、新たな賑わいづくりにつなげることを目的に、主に関内・関外エリアを中心として分散型の創造界隈拠点を整備・運営する「文化芸術創造発信拠点形成事業」(以下、「本事業」という。)を実施します。
 本事業の実施にあたり、関内・関外エリアの空き部屋・空き店舗等及びみなとみらい線新高島駅地下1階倉庫(以下、「地下1階倉庫」という。)を活用し、主にアーティスト・クリエーターが創作・滞在・発表可能な機能を有する分散型の創造界隈拠点を整備・運営し、各創造界隈拠点とのネットワーク化を図りながら、創造的な活動及び発信を行う事業者を募集しました。

公募結果

◆事業者概要

 (1) 名  称:特定非営利活動法人BankART1929
 (2) 主な事業:平成30年3月末までBankART Studio NYKを運営。
        スタジオ、スクール、カフェパブ、ショップ、コンテンツ制作をベースにし、
        アート、建築、パフォーマンス等、多岐にわたる主催・コーディネート事業を展開。

◆提案概要(応募書類より要約)

 (1) 活用する施設について
   長期・短期のスタジオ(制作場所)、ギャラリー、情報センターとしての役割も持つ施設として、
  地下1階倉庫を活用。
   関内地区においては、ブックショップ、カフェ&パブ、ミニイベント等からなるコミュニティセンターや、
  AIRの発表の場、ミドルクラスの企画展など、展覧会をベースとしたギャラリーを設ける。

 (2) 実施する事業について
  ・20組程度のクリエーターを招き、2か月程度のAIR事業
  ・常設のスタジオを用意し、制作だけではなく、食事、住環境、文化環境、作家、学芸員の紹介等などでも
   手厚いサポートを行う、海外との交流AIR事業
  ・関内・関外地区、みなとみらい地区周辺の企業との様々な連携プログラム
  ・地域の方を講師に招く講座などの施設周辺地域との連携プログラム
  ・美術・写真・建築・舞台芸術などアート全般を取り扱う少人数制のスクール
  その他、海外との交流プログラムなど、様々な事業を展開。

◆その他

 詳細については、次の資料をご覧ください。
 ◆記者発表資料(平成30年11月20日)(pdf)
 ◆文化芸術創造発信拠点形成事業実施事業者選考報告書(pdf)

公募概要

記者発表資料(平成30年4月13日)(PDF)
公募の内容(平成30年8月6日更新)
公募要項の公表(平成30年8月6日 公表資料2を更新)
説明会及び施設見学会の開催←終了しました
公募に関する質問・回答
資料の貸与について←終了しました

 
※公募は終了しました。

 


◆公募の内容

(1) 本事業に期待する創造的活動及びその広報・集客活動
  ア アーティスト・クリエーターの育成支援や横浜への定住・定着を促すことを主な目的とした
    短期滞在型(概ね3〜4か月程度)のアーティスト・イン・レジデンス事業
  イ 横浜で活動するアーティスト・クリエーターや様々な企業・事業者・市民等と連携した街の活性化に寄与する事業
  ウ 本事業の成果発信及び最先端の文化芸術に市民が触れる機会の提供等を目的とした様々なプログラムや持続可能な運営に向けた取組

(2) 運営期間
  平成30年度の基本協定締結後から平成34年3月31日までとします。

(3) 事業実施にあたっての条件
  ア 関内・関外エリアの空き部屋・空き店舗等を活用して整備する拠点
    事業者は以下に掲げるスペースを整備するものとします。
   ・アーティスト・クリエーターが創作・滞在するためのスペース ・アーティスト・クリエーターが発表又は展示することができ、
    かつ市民が気軽に訪れ、創造的活動を体験又は感じることのできるスペース
   ・本事業の総合窓口を兼ねた職員が常駐するための事務所スペース

 ■関内・関外エリア
関内・関外エリア範囲

  イ 地下1階倉庫
    事業者は、地下1階倉庫の所有者と定期建物賃貸借契約を締結した上で、アで整備した拠点との連携や、
   相乗効果が図られるようなスペースとして活用します。

  【地下1階倉庫概要】
   所 在 地:横浜市西区みなとみらい5丁目1番地先(みなとみらい線新高島駅構内)
   対象面積:約990平米
   ※平成30年8月6日更新 対象面積が変更となりました。(A区域:約567平米→約596平米、B区域:約447平米→約394平米)
   所 有 者:横浜高速鉄道株式会社
   賃   料:465,000円/月(税抜・共益費込)

    新高島駅地下1階倉庫

(4) 応募条件等
  文化芸術分野及びまちづくりに理解や関心、実績のある公益法人や特定非営利活動法人、株式会社など法人格を持った事業者

(5) スケジュール(予定)
   公募要項の配布開始      平成30年4月13日(金)
   事業説明会・施設見学会 5月18日(金)・25日(金)
   応募書類の受付     9月11日(火)〜12日(水)
   一次選考(書類審査)           9月下旬
   二次選考(プレゼン・ヒアリング)     10月中旬
   選考結果通知・公表         11月20日(火)
←ここまで終了しました
   事業開始              平成31年1月〜(予定)

 


◆公募要項の公表

 公募要項(pdf)

様式集(表紙)(pdf)
様式1 応募申込書(docx)
様式2 事業者の概要(docx)
様式3 役員名簿(docx)
様式4 宣誓書(docx)
様式5−1〜5 提案書様式(docx)
様式5−6 提案書様式(収支計画)(docx)
様式5−7 提案書様式(活動実績書)(docx)
様式6 収益事業を実施していないことの宣誓書(docx)
様式7 保険加入の必要がないことについての申出書(docx)
様式A 説明会及び施設見学会申込書(docx)
様式B 質問書(docx)

文化芸術創造発信拠点形成事業公募要項 資料・参考ウェブサイト一覧(pdf)
協力事業者一覧(pdf)(平成30年5月29日更新)
新高島駅地下1階倉庫 図面集(pdf)(平成30年8月6日更新)
新高島駅地下1階倉庫 工事区分表(pdf)(平成30年5月18日更新)


◆事業説明会・施設見学会の開催(事前申込制)

 本事業の説明会を以下のとおり開催します。←終了しました

日時

平成30年5月18日(金)・5月25日(金) 10時〜12時(予定)
場所 みなとみらい線新高島駅構内
申込方法

 参加を希望される方は5月14日(月)17時までに、「説明会及び施設見学会申込書(様式A)」記載のうえ、
電子メール又はFAXにて申込先に送付してください。
 参加人数は1事業者につき3名までとします。
参加希望者が多数の場合は、日程、人数などを調整させていただく場合がありますので御了承ください。

申込期間 平成30年5月14日(月)17時まで
申 込 先 横浜市文化観光局創造都市推進課
E-mail bk-airkyoten@city.yokohama.jp
FAX   045-663-5606


 

◆公募に関する質問・回答

 質問受付期間中にいただいた質問に対する回答です。
文化芸術創造発信拠点形成事業公募要項に関する質問・回答(pdf)


 

◆資料の貸与について

 新高島駅地下1階倉庫にかかる資料を貸与します。←終了しました

文化芸術創造発信拠点形成事業公募要項 貸与資料一覧(pdf)
様式C 文化芸術創造発信拠点形成事業公募に関する参考資料の貸与申請書説明会及び施設見学会申込書(docx)

貸与方法  資料の貸与を希望される方は「文化芸術創造発信拠点形成事業公募に関する参考資料の
貸与申請書(様式C)」を記載のうえ、9月10日(月)17時までに、郵送又は持参にて
申込先に提出してください。
 申請書受理後、申請書記載の送付先あて、メールにてデータを送付します。
申込期間 平成30年9月10日(月)17時まで(必着)
申 込 先 横浜市文化観光局創造都市推進課
(〒231-0015横浜市中区尾上町1−8 関内新井ビル6階)

TEL 045-671-3864