- トップメニュー|検索

トップページ > 文化観光局 > 文化プログラムの推進 > 文化プログラム > 横浜トリエンナーレ > 現代アートを身近に!イベント「ヨコハマアートラリー アートと笑いの境界線」を開催します!

現代アートを身近に!イベント「ヨコハマアートラリー アートと笑いの境界線」を開催します!

 

「ヨコハマアートラリー アートと笑いの境界線」2/2(土)開催!
 出演:しりあがり寿、会⽥誠、ジャルジャル、千原徹也、倉本美津留、若手現代アート作家多数

   
 

横浜トリエンナーレ組織委員会は、多くの方に現代アートを身近に感じていただくことを目的に、2019年2月2日(土)にイベント「ヨコハマアートラリー アートと笑いの境界線」を開催します。
人気バラエティ番組の放送作家として活躍する倉本美津留主宰により、しりあがり寿、会田誠、ジャルジャル、千原徹也、他若手現代アート作家たちが、笑いとアートの境界線を紐解きます。

WEBサイトURL:https://yokohamaartrally-1.peatix.com
チケット販売開始は12⽉1⽇(⼟)10時。

◆イベント概要
アートと笑いの境界線はどこにある?その答えを求めて、笑いが⽣まれる場、笑いとアートが交わる場、アートが⽣まれる場の三つの時間を⽤意しました。果たして境界線の在処はつかめるのでしょうか?それとも、そもそも境界線なんて存在しないのでしょうか?……ともあれ、この「アートと笑いの境界線」の前と後では、世界がこれまでとは違ってみえるようになることは間違いありません。どうぞ、あなたの目で確かめてください。
 ー倉本美津留(「アートと笑いの境界線」主宰/放送作家)

◆プログラム
[1部] 12:30〜14:00 ジャルジャル×倉本美津留「超コント」
 パフォーマー︓ジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介)(芸⼈)
 コミッショナー︓倉本美津留
[2部] 15:00〜16:00 トーク「アートと笑いの境界線」
 トークホスト︓ジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介)、千原徹也(デザイナー)、倉本美津留
 ゲスト︓若⼿の現代アート作家が多数参加
[3部]17:00〜18:00 しりあがり寿×会⽥誠「しゃべつくり」
 トーク&パフォーマンス︓しりあがり寿(漫画家)、会⽥誠(美術家)
 進⾏︓倉本美津留

◆開催⽇ 2019年2⽉2⽇(⼟)
◆会場 横浜市開港記念会館
◆チケット
[1部]1500円、[2部]1000円、[3部]1000円
 いずれも税込、座席指定、⼊れ替え制。
 ・販売開始⽇︓12⽉1⽇(⼟)10時
 ・下記WEBサイトから「注意事項」をご確認の上、お申し込みください。
  URL︓https://yokohamaartrally-1.peatix.com
 ・定員になり次第締め切らせていただきます。
  (各回定員389名)

-------------------------------------------
(詳細)
◆プログラム
[1部] 12:30〜14:00 ジャルジャル×倉本美津留「超コント」
その場でできた⾔葉をタイトルに、ぶっつけ本番で新作コントを披露する「超コント」。
実はこの企画、シュールレアリストたちの遊び「優美な屍骸」をヒントに⽣まれました。
単なる“即興コント”とあなどるなかれ。台本もない、稽古もしていない、打ち合わせすらしていないなんて、とても信じられないおもしろさ︕︕
⽇本でいま⼀番⾒逃せない芸を目撃してください︕
▽パフォーマー︓ジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介) (芸⼈)
▽コミッショナー︓倉本美津留 (「アートと笑いの境界線」主宰/放送作家)

[2部] 15:00〜16:00 トーク「アートと笑いの境界線」
「現代アートをこんな風におもしろがるのってアリなの︕︖」
現代アートの気鋭作家を招いて、ジャルジャル、千原徹也、倉本美津留が、あれこれ聞いて、掘り下げる︕
作品を「笑いとボケ」と捉えて、ときに作品に「ツッコミ」を⼊れながら楽しみます。
現代アートが好きなひとも、あまり興味がないひとも、新しいおもしろがり⽅で現代アートを楽しんじゃいましょう︕
▽トークホスト︓ジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介)、千原徹也(デザイナー)、倉本美津留
▽ゲスト︓若⼿の現代アート作家が多数参加︕ 当⽇までのお楽しみ

[3部]17:00〜18:00 しりあがり寿×会⽥誠「しゃべつくり」
しりあがり寿と会⽥誠が、描いて、しゃべって、また描く1時間!しゃべる内容も未知なら、完成する作品も未知です。
無から有が⽣まれる奇跡の瞬間、いったいなにが起きるのか?
進⾏の倉本美津留も加わって、⾃由な⼤⼈三⼈の遊びはどこに着地するのでしょうか。
どうぞお⾒逃しなく!
▽トーク&パフォーマンス︓しりあがり寿(漫画家)、会⽥誠(美術家)
▽進⾏︓倉本美津留

◆チケット
 [1部]1500円、[2部]1000円、[3部]1000 円 (いずれも税込)座席指定、⼊れ替え制です。
◆チケット購⼊についての諸注意
 ・次のWEBサイトからお申し込みください。URL︓https://yokohamaartrally-1.peatix.com
 ・販売開始⽇︓12⽉1⽇(⼟)10時
 ・WEBサイト記載の「注意事項」をご確認ください。
 ・1部は未就学児童のご⼊場はできません。2部・3部は3歳以上のお⼦さまはチケットが必要です。
 ・定員になり次第締め切らせていただきます。(定員各回389名)
 〈⼿順〉
  1WEBサイト上の「チケットを申し込む」ボタンをクリックしてください。
  2参加ご希望のチケットを選択し、必要事項を記⼊してください。
  3電⼦決済によりチケットの購⼊⼿続きをしてください。
  4お申し込みが完了すると返信メールが届きますので、ご確認ください。
  *⾞椅⼦でご来場の際は、開催⽇前⽇までに組織委員会までご⼀報ください。
  [連絡先︓ 045-663-7232(平⽇10:00~18:00) 横浜トリエンナーレ組織委員会アートラリー担当宛]
◆開催概要
 ⽇時︓2019年2⽉2⽇(⼟) 開場12:00
 [1部] 12:30〜14:00 [2部] 15:00〜16:00 [3部]17:00〜18:00
 会場︓横浜市開港記念会館 横浜市中区本町1-6
 定員︓各回389名
 主催︓横浜トリエンナーレ組織委員会
 共催︓横浜市
 企画︓倉本美津留、本多アシタ
 協⼒︓横浜トリエンナーレサポーター

◆出演者プロフィール
●しりあがり寿
漫画家。パロディーを中⼼にした新しいタイプのギャグマンガ家として注目を浴びる。新聞の風刺4コママンガから長編ストーリーマンガ、アンダーグラウンドマンガなど様々なジャンルで独⾃な活動を続ける一方、近年では映像、アートなどマンガ以外の多⽅⾯に創作の幅を広げている。展覧会も多数開催、横浜では「⽇本×画展」(横浜美術館 2006年)、「ゆるとぴあ ーボクたちは世界をボーッと⾒ているー」(横浜市⺠ギャラリーあざみ野 2012年)。 『弥次喜多 in DEEP』第5回⼿塚治⾍⽂化賞マンガ優秀賞(2001年)、『あの⽇からのマンガ』第15回⽂化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(2011年)、『赤城乳業 BLACK シリーズ』第50回ギャラクシー賞CM部門優秀賞、第53回ACC賞テレビCM部門ACCシルバー賞(2013年)、紫綬褒章(2014年)受章。
http://www.saruhage.com/top.html
Twitter︓ @shillyxkotobuki

●会⽥ 誠
美術家。美少⼥、戦争画、サラリーマンなど、社会や歴史、現代と近代以前、⻄洋と東洋の境界を⾃由に往来し、常識にとらわれない対⽐や痛烈な批評性を提⽰する作風で、幅広い世代から圧倒的な⽀持を得ている。近年の主な個展に「天才でごめんなさい」(森美術館、2012-13年)、「考えない⼈」(ブルターニュ公爵城、フランス、2014年)、「GROUND NO PLAN」(⻘⼭クリスタルビル、2018年)など。「横浜トリエンナーレ」(2001年)、「シンガポールビエンナーレ」(2006年)、「シドニービエンナーレ」(2010年)、「釜⼭ビエンナーレ」(2016年)など、国際展にも多数参加。
http://mizuma-art.co.jp/artists/aida-makoto/
Twitter︓ @makotoaida

●ジャルジャル(後藤 淳平、福徳 秀介)
お笑いコンビ。吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)東京本社所属。同じ⾼校のラグビー部で出会い、2003年4⽉に結成。LINELIVEにて「ジャルジャル×倉本美津留の『デジジャル』~Road to DIGITAL SUPERSTAR JARUJARU!!!?」が配信中。その場でできたタイトルからインスピレーションを得て、ぶっつけ本番で新作コントを披露する「超コント」が話題に。これまでにない新しい笑いを追求している。その他バラエティ番組でも活躍中。
https://jarujaru.com
YouTube︓ https://www.youtube.com/user/comtekaigi
LINE︓ https://live.line.me/channels/121

●千原 徹也
アートディレクター、グラフィックデザイナー。株式会社れもんらいふ代表。桑⽥佳祐のアルバム「がらくた」、関ジャニ∞のアルバム「ジャム」、⼩泉今⽇⼦35周年ベストアルバム、雑誌「装苑」の表紙などのアートディレクションや、NHK「ガッテン︕」のロゴ、東京応援ロゴ「キストーキョー」デザイン、adidas Originalsの店舗、ウンナナクールのブランディングなどを⼿がける。また、⾃⾝もアーティストとして活動し、サインペンで描くラインアート作品を多数⽣み出している。さらに、ラジオMCや、私塾「れもんらいふデザイン塾」の主宰など、活動の幅を広げている。
https://lemonlife.jp
Twitter︓ @thechihara
Instagram︓ thechihara

●倉本 美津留
放送作家。
「ダウンタウンDX」「M-1グランプリ」NHK Eテレの⼦ども番組「シャキーン︕」「浦沢直樹の漫勉」ほか、数々のテレビ番組を⼿掛ける。これまでの仕事に「ダウンタウンのごっつええ感じ」「伊東家の⾷卓」、「たけしの万物創世記」「EXテレビ」ほか多数。著書に「倉本美津留の超国語辞典」(朝⽇出版社)「ことば絵本 明⽇のカルタ」(⽇本図書センター)ほか。ミュージシャンとしても活躍している。
http://ninpop.com
Twitter︓ @kuramotomitsuru
Instagram︓ mitsurukuramoto


※詳細はこちらのWEBサイトから
URL︓https://yokohamaartrally-1.peatix.com

          

  問合せ先
横浜トリエンナーレ組織委員会
Mail:info@yokohamatiriennale.jp
URL:http://www.yokohamatriennale.jp/
TEL:045-663-7232 FAX:045-681-7606