- トップメニュー|検索

トップページ > 文化観光局 > 文化観光局の概要 > 記者発表資料 > パーソナルモビリティツアー公道実証実験のモニター参加者を募集します

パーソナルモビリティツアー公道実証実験のモニター参加者を募集します

平成30年7月10日

横浜市が参加する横浜市パーソナルモビリティツアー実証実験推進協議会は、平成29年度に行った関係者による実証実験を踏まえ、みなとみらい21地区の臨海部で実施する、セグウェイによるパーソナルモビリティツアー公道実証実験のモニター参加者を募集します。参加費は無料です。

29年度パーソナルモビリティツアー実証実験
<29年度に行った公道実証実験の様子>

1 パーソナルモビリティツアー公道実証実験の概要
◇主催:横浜市パーソナルモビリティツアー実証実験推進協議会、横浜市
◇日時:平成30年8月1日(水)午後のみ (定員:6名)
8月2日(木)午前・午後(定員:各回6名)
8月3日(金)午前・午後(定員:各回6名)
8月4日(土)早朝のみ (定員:6名)
    (午前:9時30分〜12時、午後:13時30分〜16時、早朝:8時〜10時30分)
◇対象者:普通自動車運転免許または普通自動二輪免許を保有し、アンケートや取材等、モニターとしてご協力いただける方(20歳未満は保護者の同意が必要)。
◇参加費:無料(集合場所への交通費等は参加者負担です)
◇申込方法:一般社団法人次世代モビリティ協会のホームページ(https://nma.jp/)より申込みください。
◇申込期間:平成30年7月10日(火)から平成30年7月25日(水)まで
※搭乗者数には限りがありますので、希望者多数の時は、抽選いたします。7月27日(金)中に搭乗可否の結果、集合場所(参加者のみ)をお知らせします。
※搭乗される場合はインストラクターの講習を受け、指示にしたがっていただきます。開始
時間から終了時間までツアーに参加できる方のみを対象とします。
※荒天の場合は、中止となります。

2 走行ルート
30年8月のパーソナルモビリティツアー実証実験のコース
※一部コースを変更することがあります

3 目的
横浜市では、観光都市としての都市ブランド向上のため、世界各都市で行われているパーソナルモビリティツアーを実施するための環境整備を進めています。
セグウェイなどの搭乗型移動支援ロボットで公道を走行するためには、所轄官庁の許可が必要
であり、29年度には、みなとみらい21地区で関係者による公道実証実験を行いました。
安全性を検証しながら、エリアを拡大して実証実験を行っていくことで、ラグビーワールドカップ2019?、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた観光資源としての横浜の新たな魅力づくりに取り組んでいます。



□ 記者発表資料(pdf:597KB)