- トップメニュー|検索

トップページ > 文化観光局 > 文化観光局の概要 > 横浜魅力づくり室 > HAG(ハンドメイド・アニメーション・グランプリ)2017“横浜賞”受賞者が決定!

HAG(ハンドメイド・アニメーション・グランプリ)2017“横浜賞”受賞者が決定!

若手アニメーション作家の育成支援を目的としたショートアニメーションのコンテスト、「HAG(ハンドメイド・アニメーション・グランプリ)」の横浜賞3部門の受賞者が決定しました。

  恵比寿ガーデンシネマで行われた公開選考プレゼンテーションでは、映画「踊る大捜査線」シリーズの本広 克行監督、アニメーションディレクターの伊藤 有壱様を審査員に迎え、3名のアーティストが選ばれました。
 
 受賞者には、横浜市から作品の制作費が提供され、株式会社ロボット監修のもとに制作した作品は、各地のイオンシネマ等で上映される予定です。

 横浜市は、この取組を通じ、若手アニメーション作家へのビジネス機会の提供と、映像を活用した横浜のプロモーションを進めていきます。

             ※HAG(ハンドメイド・アニメーション・グランプリ)とは?
ビジネス化の機会に乏しい日本のショートアニメーション界の現状を踏まえ、若手アニメーション作家を育成・支援するためのプロジェクト。オリジナルのショートアニメーション作品を募集してコンテストを行い、受賞者には、株式会社ロボットのプロデュースのもとに作品を制作する機会とその制作費、また、作品を各地のイオンシネマ等で上映する機会が提供されます。

◇詳細はHAG公式サイトでご覧ください。
 ※記者発表資料(PDF形式、291KB)