- トップメニュー|検索

トップページ > 文化観光局 > 文化観光局の概要 > 150周年アーカイブ > 開港150周年までの歴史

開港150周年までの歴史 横浜開港・明治・大正へ 


横浜市海岸通之図(横浜市中央図書館所蔵)

開港以前の現横浜市域における最大の人口密集地は、東海道の宿場町で、人口5、000人ほどの神奈川宿でした。この神奈川宿の東南約4キロに、後に「横浜市歌」(森鴎外作詞)で「むかし思えば とま屋の煙 ちらりほらりと立てりしところ」とうたわれる、戸数100ほどの半農半漁の寒村、横浜村がありました。

この横浜村で、1854(安政元)年日米和親条約が締結され、その4年後の日米修好通商条約の締結によって神奈川に開港場が置かれ、1859(安政6)年7月1日(旧暦6月2日)、横浜は開港しました。

新しく生まれた横浜は、開国日本・新生日本の象徴となり、その魅力にひかれ、内外から多くの人々が集まり、質の高い文化交流が生まれました。

来浜外国人は、新生日本(「ヤングジャパン」と呼ばれた。)の魅力と熱気にひかれた文化人や貿易商・技術者が多かったのが特色です。彼らは、日本人が世界最先端の技術や思想を展開したいと思うなら、それに進んで協力したいと考える、ボランティア精神のあふれる人々でした。彼らの多くが、交渉条約を導いた幕府と好奇心あふれる庶民の熱意を感じ取り、横浜にヒト・モノ・カネ、そして情報をもたらしました。



日本全国各地から集まった人々は、内外の先進的な産業や文化を積極的に吸収しようとする「進取の気性」に富み、因習にとらわれず、それぞれの出身地の文化を横浜において融合させようとする「開放性」を作り上げていきました。その良循環が、横浜市民気質になっていったのです。

1889(明治22)年、横浜(人口約12万人)は市制を施行し、さらに1909(明治42)年には開港50周年を迎えました。
その年には、現在でも多くの市民に親しまれている市章や森鴎外作詞の横浜市歌が発表され、市民の寄付によって開港記念横浜会館(現、横浜市開港記念会館)が建設されました。(完成年度は1917(大正6)年)

明治の末期から大正にかけては、市民生活の面においても、伊勢佐木町の芝居観劇やテニス・野球などのスポーツが開港記念横浜会館[現、横浜市開港記念会館](横浜市中央図書館所蔵)盛んに行われ、国際都市らしい市民文化を花咲かせました。また、1910(明治43)年の横浜経済協会の設立により、工業誘致が本格的に始められるなど、多くの地元経済人が横浜を発展させたのもこの時代です。