- トップメニュー|検索

トップページ > 文化観光局 > お知らせ一覧 > ヨコハマ創造都市センター(旧第一銀行横浜支店)次期運営団体が決定しました

ヨコハマ創造都市センター(旧第一銀行横浜支店)次期運営団体が決定しました

ヨコハマ創造都市センター(旧第一銀行横浜支店)次期運営団体が決定しました

 ヨコハマ創造都市センター(旧第一銀行横浜支店)の次期運営団体を公募したところ、6者から応募があり、本市附属機関による選考の結果、新たに「(仮称)クリエイティブ・ポート(グループ名)」を次期(平成27年4月1日から平成32年3月31日)運営団体として決定しました。

記者発表資料はこちらです。

これまでの公募の経過、評価結果等の詳細は下記をご覧ください。



 横浜市は、港や歴史的建造物などの地域資源を活かしながら、文化芸術の創造活動等により魅力的な都市をつくることを目的とした創造都市施策を推進しています。
 この事業のひとつとして、平成21年度より旧第一銀行横浜支店を「ヨコハマ創造都市センター」として活用してきました。取組の結果、アーティスト・クリエーターの集積、創造的なまちづくりが進んでいます。
 今回、本施設の一層の活性化と、創造都市横浜に対する市民の共感を高め認知度向上を図るため、創造性にあふれた空間とすることを目指し、平成27年4月から5年間運営する団体を公募します。

●本施設の概要
●公募内容
●公募に関する質問・回答
●選考委員会開催日
●選考結果 
●その他 

   
         <建物外観>                  <1Fホール>                    

1 本施設の概要
  施設名称:ヨコハマ創造都市センター(旧第一銀行横浜支店)
  所在地 :横浜市中区本町6丁目50−1
 
  <これまでの経緯>
  昭和4(1929)年 第一銀行横浜支店として創建
  昭和55(1980)年 横浜銀行本店別館として使用
  平成15(2003)年 ・移築復元一部曳家
           ・横浜市認定歴史的建造物に認定
  平成16(2004)年 NPO法人BankART1929がBankART1929 Yokohamaとして運営開始
  平成21(2009)年 (公財)横浜市芸術文化振興財団がヨコハマ創造都市センターとして運営開始

2 公募内容 

(1)本施設の目的と期待される創造的活動
  ア 多くの市民が創造都市横浜に触れ、創造都市横浜への理解・共感を高めること
   ・他の創造界隈拠点へのゲートウェイ機能を担うとともに、クリエイティブなまちヨコハマを国内外に発信する活動。
   ・市民が日常的に訪れるクリエイティブなスペースをつくり、創造都市横浜への理解・共感を促進する活動。
  イ 地域との協働を推進し、まちの活性化に貢献すること
   ・施設内の活動にとどまらず、積極的に地元住民・団体との協働を推進し、施設周辺地域をはじめとした都心臨海部の活性化に貢献する活動。
  ウ 未来に向けた新たなアイディアを発信し、市民のクリエイティビティを高めること
   ・様々な社会的課題(多文化共生、人権、子育て、高齢化、環境、資源など)に対し、従来の考え方にとらわれない創造的な発想でアプローチした活動。


(2)本施設貸与のしくみ
   横浜市は、運営団体との間で本施設における事業及び運営・管理に係る協定(以下、「基本協定」という)を締結した上で、平成27年4月1日〜平成32年3月31日までの5年間、運営団体に無償で本施設を貸与します。


(3)応募者の要件
   文化芸術の創造とまちの活性化に理解や関心、実績のある公益法人や特定非営利活動法人、株式会社など法人格を持った団体とします。
   応募時点では、営利・非営利を問わないものとしますが、営利団体が選考された場合は、運営を開始するまでをめどに非営利の法人(特定非営利活動法人など)を設立し、運営にあたるものとします。


(4)公募のスケジュール(予定)
   ・公募要項の配布開始 :平成26年7月10日
   ・施設見学会申込締切 :平成26年7月28日(17時締切)  
   ・施 設 見 学 会 :平成26年7月30日
   ・質 問 受 付   :平成26年7月31日〜8月7日
   ・回     答   :平成26年8月中下旬  
   ・応募書類の受付   :平成26年9月9日〜10日(17時締切)
   ・選     考   :平成26年9月下旬〜11月上旬
   ・選考結果の通知・公表:平成26年12月
   ・運 営 開 始   :平成27年4月1日以降

(5)公募要項等について
   詳細は必ず公募要項等の公募書類一式を確認してください。
  ア 公募要項
  イ 応募関係書類
   ●様式集(表紙)
    ※応募時に必要な書類です。必ず内容を確認してください。
   ●関係書類
   ・施設見学会及び説明会申込書(様式A)
   ・質問書(様式B)
   ・参考資料の貸与申請書(様式C)
   ●応募書類
   ・応募申込書(様式1−1、1−2)
   ・団体の概要(様式2)
   ・役員名簿(様式3)
   ・宣誓書(様式4)
   ・活動実績書(様式5)
   ・提案書(様式6−1〜6−7)
   ・提案書(様式6−8)
   ・法人税及び市民税の課税対象となる収益事業を実施していないことの宣誓書(様式7)
   ・労働保険・健康保険・厚生年金保険の加入の必要がないことについての申出書(様式8)
   ●参考資料
    ※「参考資料の貸与申請書(様式C)」を提出いただいた後、貸与する資料があります。
     詳細は下記の「資料・参考ウェブサイト一覧」を確認してください。
   ・資料・参考ウェブサイト一覧
   ・図面集
   ・ヨコハマ創造都市センター施設維持管理業務委託仕様書、ヨコハマ創造都市センター清掃業務仕様書
   ・平成25年度・平成24年度 ヨコハマ創造都市センター 主な収入と支出
   ・平成25年度 ヨコハマ創造都市センター 利用人数・利用率及び利用料金収入
   ・ヨコハマ創造都市センター備品等一覧
   ・維持保全の手引き
   ・施設点検マニュアル

3 公募に関する質問・回答 
   質問受付期間中にいただいた質問に対する回答です。
   ヨコハマ創造都市センター(旧第一銀行横浜支店)運営団体公募要項に関する質問・回答

4 選考委員会開催日
  ・平成26年10月9日
   旧第一銀行横浜支店(ヨコハマ創造都市センター)事業評価及び運営団体選考分科会:一次選考(書類選考)
  ・平成26年10月30日
   旧第一銀行横浜支店(ヨコハマ創造都市センター)事業評価及び運営団体選考分科会:二次選考(プレゼンテーション・ヒアリング)
  ・平成26年12月3日
   横浜市創造界隈形成推進委員会:運営団体選考

5 選考結果
(1)次期運営団体
  ア グループ名称
    (仮称)クリエイティブ・ポート
  イ 構成団体
    ・株式会社トーンアンドマター
    ・オフソサエティ株式会社
    ・デザイニト株式会社
    ・一般財団法人セゾン現代美術館
  ウ その他
    運営開始までにNPO法人を設立予定
(2)実施される事業(予定)※応募書類より抜粋
  ア 誰もが気軽に集い、新しい可能性に出会える場
   ・デザイン・什器などを変え、絵画を鑑賞しながら喫茶・食事が楽しめるカフェギャラリー・ショップ
   ・コワーキングスペース
   ・学生・デザイナーとともにDIYでつくるライブラリーラウンジ
   などの新設
  イ 市内のリソース(人、産業や情報)を集約し、コラボレーションを仕掛ける
   ・【クリエイティブ産業育成支援】:市内の実績ある企業と、集積が進んだクリエーターのコラボレーションをコーディネートしビジネスに新しい付加価値を生み出すための拠点
   ・建築家・ディベロッパーなどの多岐に渡るメンバーで構成されるまちづくりラボ
  ウ 人々のクリエイティビティを誘発し社会的な課題に挑む
   ・【ファブ・シティ】:ファブラボを活用した市民との家具づくりプロジェクト
   ・【みんなのためのデザイン】:ハンディキャップのある様々な人々を対象にデザインの力で新しい未来を形づくる新しい視点を広げるためのカンファレンス・展示会
   ・セゾン現代美術館の所蔵する作品を使った絵画鑑賞教室
   などの各種プログラム

6 その他
   詳細については選考報告書をご覧ください。


◆問い合わせ先
 横浜市文化観光局創造都市推進課
 TEL :045-671-3864
  FAX :045-663-1928
 Mail:bk-ycc@city.yokohama.jp

◆記者発表資料
 公表時の記者発表資料はこちら