- トップメニュー|検索

トップページ > 文化観光局 > お知らせ一覧 > 【次期運営団体が決定しました】急な坂スタジオ(旧老松会館)次期運営団体の公募について

【次期運営団体が決定しました】急な坂スタジオ(旧老松会館)次期運営団体の公募について

  横浜市では、平成16年から横浜の最大の強みである「港を囲む独自の歴史や文化」を活用し、芸術や文化のもつ「創造性」を生かして、都市の新しい価値
 や魅力を生み出す都市づくりを進めています。
   この一環として、「急な坂スタジオ」は、平成18年度から舞台芸術創造拠点として活用しています。
  今回、引き続き舞台芸術創造拠点として活用する一方、新たにクリエイティブ・チルドレン(次世代育成)に資する取組を実施する施設とするため、
 平成29年4月から5年間運営する団体を募集します。

          
急な坂スタジオ外観スタジオ1ホール
        <建物外観>              <1F:スタジオ1>             <2F:ホール>                        

1 本施設の概要
  施設名称:急な坂スタジオ(旧老松会館)
  所 在 地:横浜市西区老松町26−1
 
  <これまでの経緯>
  平成5(1993)年 横浜市営結婚式場として、老松会館オープン
  平成16(2004)年  結婚式場業務を廃止、各種文化教室などを開催
  平成17(2005)年  閉館
  平成18(2006)年  公募によりNPO法人アートネットワーク・ジャパンとSTスポットが「急な坂スタジオ」として運営を開始
  平成19(2007)年  運営団体である2団体が共同で新しくNPO法人アートプラットフォームを設立し、運営を開始
    平成24(2012)年  公募によりNPO法人アートプラットフォームが運営を開始(運営期間:平成24年4月〜平成29年3月)

2 公募内容 

(1)施設に期待する創造的活動及びその広報・集客活動
  ア 舞台芸術を中心とした文化芸術の創造的活動拠点としての活動
   ・稽古場やアトリエなどを活用した創造的活動
   ・創造的活動にかかわる人材の交流、育成支援
  イ 施設の特徴を生かした「子どもたちの創造性を育む」クリエイティブ・チルドレン(次世代育成)に資する活動
   ・本施設を含む周辺地域を開催場所とし、主に小学生以上を対象とした舞台芸術に関連したワークショップ等の創造的プログラムの実施  

(2)本施設貸与のしくみ
   横浜市は、運営団体との間で本施設における事業及び運営・管理に係る協定(以下、「基本協定」という)を締結した上で、
    平成27年4月1日〜平成32年3月31日までの5年間、運営団体に無償で本施設を貸与します。


(3)応募者の要件
   舞台芸術分野及び次世代育成(子ども向けワークショップ等)に理解や関心、実績のある、公益法人や特定非営利活動法人、株式会社など
    法人格を持った団体とします。
   応募時点では、営利・非営利を問わないものとしますが、営利団体が選考された場合は、運営を開始するまでをめどに非営利の法人(特定
    非営利活動法人など)を設立し、運営にあたるものとします。


(4)公募のスケジュール(予定)
   ・公募要項の配布開始 :平成28年4月8日
   ・施設見学会申込締切 :平成28年5月16日(17時締切)  
   ・施 設 見 学 会 :平成28年5月20日、23日
   ・質 問 受 付   :平成28年5月24日〜5月31日
   ・回     答   :平成28年6月中下旬  
   ・応募書類の受付   :平成28年7月11日〜12日(17時締切
   ・一 次 選 考   :平成28年8月25日
   ・二 次 選 考   :平成28年10月7日
   ・選考結果の通知・公表:平成28年11月14日 ←ここまで終了しました。
   ・運 営 開 始   :平成29年4月1日以降

(5)公募要項等について
   詳細は必ず公募要項等の公募書類一式を確認してください。
  ア 公募要項
  イ 応募関係書類
   ●様式集(表紙)
    ※応募時に必要な書類です。必ず内容を確認してください。
   ●関係書類
   ・施設見学会及び説明会申込書(様式A)
   ・質問書(様式B)
   ●応募書類
      ・応募申込書(様式1−1、1−2)
   ・団体の概要(様式2)
   ・役員名簿(様式3)
   ・宣誓書(様式4)
   ・活動実績書(様式5)
   ・提案書(様式6−1〜6−5)
   ・提案書(様式6−6)
   ・法人税及び市民税の課税対象となる収益事業を実施していないことの宣誓書(様式7)
   ・労働保険・健康保険・厚生年金保険の加入の必要がないことについての申出書(様式8)
   ●参考資料
    ※公募要項と併せて必ず以下の書類を確認してください。
   ・資料・参考ウェブサイト一覧
   ・資料1 「市民利用施設等の利用者負担の考え方」について
   ・資料2 図面・見取図集
   ・資料3 急な坂スタジオ 主な収入と支出(平成24〜26年度)
   ・資料4 急な坂スタジオ施設維持管理業務委託に係る仕様書の抜粋
   ・資料5 急な坂スタジオ建物以外の管理対象範囲
   ・資料6 維持保全の手引き
   ・資料7 急な坂スタジオ利用実績(平成24〜26年度)
   ・資料8 急な坂スタジオ備品一覧
      ・資料9 現行の利用料金制度及び新たな利用料金設定の考え方
   ・資料10 横浜市創造界隈形成推進委員会等での主な評価及び課題・期待
   
3 公募に関する質問・回答 
   質問受付期間中にいただいた質問に対する回答です。
   急な坂スタジオ(旧老松会館)運営団体公募要項に関する質問・回答
       ・様式1 急な坂スタジオ(旧老松会館)運営団体公募に関する 参考資料の閲覧予約申込書
       ・様式2 急な坂スタジオ(旧老松会館)運営団体公募に関する 参考資料の閲覧申請書   

4 選考委員会開催日
  ・平成28年8月25日 ←終了しました。
      旧老松会館(急な坂スタジオ)事業評価及び運営団体選考分科会:一次選考(書類選考)
  ・平成28年10月7日 ←終了しました。
   旧老松会館(急な坂スタジオ)事業評価及び運営団体選考分科会:二次選考(プレゼンテーション・ヒアリング)

5 選考結果
(1)次期運営団体
   特定非営利活動法人アートプラットフォーム
(2)実施される事業(予定)※応募書類より抜粋
   ア 稽古場としての貸館事業
   イ レジデントアーティスト、サポートアーティスト(各2年契約)に対する活動支援
   ウ 小中学生を対象とし、自分でオリジナルプログラムを組んで参加できる、演劇やダンスのワークショップ「ワークショップ・バイキング」の実施
   エ 高校生を対象とし、年間を通して創作から発表までを体験する実践型ワークショップ「急な坂高校演劇部(仮)」の実施

6 その他
   詳細については選考報告書をご覧ください。


◆問い合わせ先
 横浜市文化観光局創造都市推進課
 TEL :045-671-3864
  FAX :045-663-5606
 Mail:bk-oimatsu@city.yokohama.jp

◆記者発表資料
 公募実施の記者発表資料はこちら
 公募結果の記者発表資料はこちら