- トップメニュー|検索

トップページ > 文化観光局 > お知らせ一覧 > 防火帯建築の保全と活用に関するアンケート調査の結果及びセミナー開催について

防火帯建築の保全と活用に関するアンケート調査の結果及びセミナー開催について

★防火帯建築の保全と活用に関するアンケート調査の結果がまとまりました!また、芸術不動産セミナーを開催します!!

防火帯建築の保全と活用に関するアンケート調査の結果がまとまりました!また、芸術不動産セミナーを開催します!!

防火帯建築の保全と活用に関するアンケート調査の結果がまとまりました!
 また、芸術不動産セミナーを開催します!!



  横浜市では、アーティスト・クリエーターの集積によるまちの活性化を目的として、関内・関外の街並みを特徴づけている「防火帯建築」(戦後復興期に、都市の防火を目的に建てられた不燃建物)を中心に、遊休不動産の創造的な活用を促進する「芸術不動産事業」を進めています。

この一環で、横浜国立大学藤岡泰寛准教授との共同研究として実施した「防火帯建築の保全と活用に関するアンケート調査」の結果がまとまりましたので、お知らせします。

 また、3月9日(土)には、遊休不動産の創造的活用の現場を歩くツアーとセミナーを開催します。皆様のご参加をお待ちしております。

● 記者発表資料   


 
< 芸術不動産セミナーの概要 >

 ■日時・場所      
  
日時:平成31年3月9日(土)14時〜17時30分
   
場所:リスト関内ビル1F「LIST LINK LOUNGE」

 ■定員・参加費
  50名(先着順)、無料

 ■プログラム
 (1)レクチャー「芸術不動産の成り立ち」<14:00〜14:45>
  (2)事例ツアー「芸術不動産の現場を歩く」<15:00〜16:30>
      《見学先》泰生ビル、泰生ポーチ、弁三ビル、住吉町新井ビル、常盤不動産ビル
泰生ビル 泰生ポーチ 弁三ビル 住吉町新井ビル  常盤不動産ビル
 (3)ディスカッション「芸術不動産の成果と課題」<16:30〜17:30>
  【パネラー】
     福井 信行 株式会社ルーヴィス(弁三ビルの一部をマスターリース)
     岡部 友彦 コトラボ合同会社(寿町や南区で遊休不動産を創造的に活用)
     後藤 清子 株式会社ピクニックルーム(泰生ビルで企業主導型保育施設を運営)
     濱口 光   合同会社ミタリ設計一級建築士事務所(住吉町新井ビルに入居)
     渡瀬 正記 一級建築士事務所 設計室(住吉町新井ビルに入居)
    【モデレーター】
   相澤 毅  株式会社plan-A 


  ■申込 次の申込先にお名前とご所属、参加人数を添えてお申し込みください。

  メール:info@plan-a-02.co.jp
    電話:045-650-5307(株式会社みかんぐみ内、対応時間10時から18時)