- トップメニュー|検索

トップページ > 文化観光局 > 観光・MICE > 観光 > 173年ぶりの「金環日食」を横浜で見よう!

173年ぶりの「金環日食」を横浜で見よう!

173年ぶりの金環日食を横浜で

首都圏では実に173年ぶりとなる金環日食が、2012年5月21日(月)に観測されます。
当日は午前7時30分ごろに、リングを最も美しい状態で見ることができる「中心線」が、緑区や旭区をはじめとした市内5区を通ります。
この貴重な機会に、横浜市では、金環日食にまつわるさまざまなイベントや催しを行います。
壮大な天体ショーを横浜の地でぜひお楽しみください。

 

《 関連ホームページ 》

緑区ホームページ「見たい!知りたい!金環食」
港北区ホームページ「みんなで見よう!金環日食」
都筑区ホームページ「都筑区で金環日食がみられます」
瀬谷区ホームページ「金環日食について」
旭区ホームページ「旭区で金環日食を観よう」
ズーラシアホームページ「金環日食 on line at ズーラシア」
国立天文台ホームページ

 

金環日食はいつ見られるの?

 日時:2012年5月21日(月) 午前7時30分ごろ(横浜市内)

金環日食はどこで見られるの?

 金環日食の中心線が、横浜市内では「港北区」「都筑区」「緑区」「旭区」「瀬谷区」の5区を通ります。 

※今回の金環日食は、横浜以外の地域でも観測できます 
◆観測日時:2012(平成24)年5月21日(月) 午前6時〜9時ごろ
◆観測場所:九州から関東までの太平洋側周辺

《金環日食・部分日食の見られる地域》 ※クリックすると拡大します
金環日食の見られる地域

  

金環日食ってなに?

 太陽と月と地球が一直線に並ぶことによって、太陽が月に遮られることを日食といいます。なかでも、月が完全に太陽を遮り、太陽の光がリング状に見える現象を「金環日食」と呼びます。


金環日食のしくみ

観察するときの注意点

 太陽は強い光と熱を発しています。正しい方法で観察しないと、目を痛めたり、最悪の場合失明したりする危険性があります。
 肉眼で直接太陽を見ることは絶対にしないでください。

 ※金環日食の観察方法は国立天文台のページをご覧ください。

 

◎安全なところで観察しましょう 

 自動車や自転車を運転中に観察することは、わき見運転となり、交通事故につながる可能性もあります。絶対にやめましょう。
 また、歩行者の方が歩きながら観察したり、道路に出たりするなどして観察することも大変危険です。

 安全な場所で観察しましょう。
 

◆関連記者発表資料はこちら
173年ぶりの「金環日食」を横浜で