- トップメニュー|検索

旭区グリーンロード 追分・矢指市民の森コースの風景

 

 

2011年 秋のお花畑と森の中

9月29日 コスモスが咲き始めました&ツリフネソウの花とヤブミョウガの実

だいぶ涼しくなり、ウォーキングに最適な時期がやってきました。
追分・矢指の森では、コスモスが咲き始めました。
台風15号の影響で、かわいそうに倒れてしまったコスモスもありますが、それでもがんばってかわいい花を咲かせています。
去年は10月20日前後くらいが見ごろだったようです。これから次々と花開くのかと思うと今から楽しみです。 

 

コスモス(9月29日)

 

 

コスモスはまだまだ咲き初めですが、秋の追分・矢指市民の森は、夏から秋にかけての野花や実がつき始めました。

 

 ツリフネソウ 

 湿ったやや薄暗いところを好むそうで、まさにそのとおりの
 
場所で群生していました。ピンク色のかわいい花です。
 笹野台口から入って旭大橋に向かう園路沿いの湿地に
 咲いています。

ツリフネソウ(9月29日) 

 ヤブミョウガの実 

 葉っぱがミョウガと似ているため、ミョウガとついています
 が、ミョウガの仲間ではなく、ツユクサの仲間だそうです。
 夏に白い花を咲かせます。今の時期は濃い青紫の実を
 つけていました。

 ヤブミョウガの実(9月29日)

 

 

 

また、森を歩いていると、そこかしこで台風の爪跡が見られました。

台風による倒木(9月29日) 

風が一方向から吹き荒れたのでしょう、木が同じ向きに折れています。
自然の驚異をまざまざと目の当たりにする思いがしました。

 

 

10月28日 コスモスが一面に咲いています。

1か月前に見に行ってから、だいぶ間が空いてしまいましたが、コスモスを見に行ってきました。
たぶん1週間くらい前が一番の見ごろだったのではないかと思うのですが、まだまだきれいに咲き乱れていました。
今年はかわいそうに、コスモスたちは、咲き始めの時季に台風に吹き荒らされて、だいぶ倒されてしまっていたのですが、
そんなダメージにも負けずに、白、ピンク、濃紅色の花を見事に咲かせていました。

 

ところでこのお花畑ですが、追分・矢指市民の森愛護会の皆さんが植えていらっしゃいます。
夏の暑い盛りにも、愛護会の皆さんが手で一本一本雑草を採っていらっしゃるのをお見かけしました。
皆さんの丁寧なお手入れのたまもので、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモスと、こんなきれいなお花畑を四季折々に見せていただいています。

 

コスモス(10月28日)

 

 

 

2011年 夏のお花畑と森の中

8月1日 ひまわりが咲き始めています!

今年も追分・矢指市民の森で、ひまわりの開花の時期を迎えました。

少し小ぶりで、色の鮮やかな「東北八重」という品種のひまわりだそうです。

蕾(つぼみ)がたくさんあるので、しばらく楽しめるのではないかと思います。

 

ひまわり以外も、園内はまさに百花繚乱です。

 

 ひまわり畑の様子 

ひまわり(8月1日) 

 八重咲きのひまわり

ひまわりアップ(8月1日) 

 色とりどりの百日草

色とりどりの百日草(8月1日) 

 

 

 

追分・矢指市民の森では、地域の愛護会の皆さんが森の再生のための管理をされていて、真っ白なヤマユリや、彼岸花によく似たキツネノカミソリなど、
近頃では横浜ではなかなか見られない山野草が再び花開いています。 また、草花や樹木など、森の再生とともに、森にいる昆虫や野鳥の種類や数も増えてきているそうです。

すぐ近くで、こんな風景が見られるなんて素晴らしいですよね。

四季折々の森の風景を再発見に、皆さんもぜひどうぞお出かけください。

 

 

 

ヤマユリ
 ヤマユリの根っこには百合根があります。
 昔はたくさんヤマユリが咲いて、百合根もよく採れたそうです。

ヤマユリ(8月1日)

ニホンアマガエル (写真提供:環境創造局みどりアップ推進課)
  きれいなグリーン。しっかりと木肌をつかんでいる指もかわいい。

 ニホンアマガエル

キツネノカミソリ
  彼岸花の仲間で、花が咲くときは葉はありません。

キツネノカミソリ(8月1日) 

 

ご利用の際は次の2点について、よろしくお願いします。

【市民の森ご利用のご注意】

 ○市民の森は園路・広場以外の立ち入りはできません

 ○草花や動物の採集はできません

 

 

8月10日 ひまわりが、今まさに真っ盛りです。

今月上旬から見ごろを迎えているひまわりが、今まさに真っ盛りです。

追分の谷戸一面に、お日さま色のひまわりがたくさん風にそよいでいました。

まだ蕾(つぼみ)もそこかしこにありましたので、今週末にでもお出かけされてはいかがでしょうか。

 

 青々とした田んぼの向こうにひまわりが谷戸を埋めています。

 水田の向こうのひまわり畑(追分市民の森)

 

 近づいていくと・・・一面のひまわり!斜めからの陽光がきれいでした。午後4時過ぎです。

 谷戸を埋めるひまわり畑 

 

 

8月15日 ひまわりもそろそろ終盤ですが、今週半ばくらいまで楽しめそうです。

ひまわりもそろそろ終盤です。

今月上旬から見ごろを迎えていた、追分市民の森のひまわりですが、今日見に行ったところ、咲き終わったあとの花もちらほら見受けられました。
一方、これから花開く蕾(つぼみ)はだいぶ少なくなっていましたので、今週半ば、8月17日(水)くらいまでが見ごろの最終かと思います。

今年まだ見てない!という方は、ぜひどうぞご覧になりに行ってみてください。 帽子や日傘をどうぞお忘れなく!

 

  元気いっぱいのひまわり畑。今週水曜日くらいまで楽しめそうです。

 8月15日のひまわり畑

 

 

 

追分・矢指市民の森のお花畑

このコースの魅力はなんと言っても、瀬谷区との区界(くざかい)に広がる、3つの市民の森です。
コース名のとおり、追分市民の森と矢指市民の森が隣り合っていて、さらに野境道路(のさかいどうろ)を隔てて瀬谷市民の森が広がっています。
追分・矢指市民の森では、谷戸(小高い丘には囲まれた谷あいのこと)の風景が広がり、春には菜の花、夏には向日葵、秋にはコスモスなど、一面に咲き乱れて圧巻です。

野境道路は、昔の武蔵国と相模国の境の尾根道の古道だったそうで、三ツ境駅入口まで桜並木が続きます。
追分は道が分かれるところを示す言葉なので、昔、古道の分かれ道があったのでしょうね。

 

 追分・矢指市民の森の菜の花

 一面の菜の花(3月頃)

 追分・矢指市民の森の向日葵

 一面の向日葵(8月頃)

 

 

お花畑から、森に入ると木立の中を散策できます。 森林浴やバードウォッチングもどうぞ。

 

 追分市民の森の木立 

お問い合わせ
    区政推進課企画調整係(2階23番窓口)
    電話(045)954-6026
    ファクシミリ(045)951-3401

▲ページトップへ