- トップメニュー|検索

介護保険の認定申請

介護保険サービスを利用するためには、要介護・要支援認定を受けることが必要です。

要介護申請の流れ

1 申請書の提出  本人・家族等が区役所3番窓口で「要介護・要支援認定申請書」を提出します。
 ※居宅介護支援事業者等に代行してもらうこともできます。

 申請に必要なもの

  1. 介護保険被保険者証
  2. 主治医の氏名・医療機関名・電話番号がわかるもの(メモ等)
  3. 認定を受けるご本人の印鑑(朱肉を使う物)
  4. 40~64歳までの方は医療保険証
 
2 (1)主治医意見書の作成依頼  申請時に指定した主治医に、区役所が発行する用紙等を受診の際に持参し、意見書を書いてもらいます。
※作成された意見書は医療機関から直接区役所に返送されます。
  (2)認定調査  区役所の職員または、区役所から委託された調査員が自宅等に訪問して、ご本人の心身の状況等について、本人・家族等から聞き取り調査を 行います。
3 審査判定  医療、保健、福祉の専門家で構成される「介護保険認定審査会」で、認定調査結果と主治医意見書を基に、介護の必要性を審査判定します。
4 認定結果の送付  「介護保険認定審査会」の審査判定結果に基づいて、認定結果通知書と認定結果を記載した介護保険被保険者証をお送りします。
要支援1・2の認定を受けた方要介護1~5の認定を受けた方非該当の認定を受けた方
 要支援認定の方の事業者情報  要介護認定の方の事業者情報  介護保険以外のサービス(横浜市健康福祉局のページへ) を利用できる場合があります。
 旭区役所高齢・障害支援課高齢者支援担当(電話(045)954-6125)にご相談ください。
お問い合わせ
高齢・障害支援課介護保険担当(1階3番)
電話(045)954-6061
ファクシミリ(045)955-2675

▲ページトップへ