- トップメニュー|検索

旭区地域福祉保健計画

きらっとあさひプラン(旭区地域福祉保健計画)

きらっとあさひ福祉大会(H30.2.17開催)

旭区地域福祉保健推進講演会(H30.3.24開催) NEW!
 ~自分が、大切な人が認知症になっても、地域でしあわせに暮らすために~


きらっと あさひプラン

きらっとあさひ地域支援補助金のページへ

地域福祉保健計画とは?

 地域福祉保健計画は社会福祉法107条に基づき全国の市区町村が策定する「地域福祉計画」です。横浜市では計画の名称を「地域福祉保健計画」とし、福祉と保健の取組を一体的に推進しています。
 旭区地域福祉保健計画は「横浜市地域福祉保健計画」における「区計画」のうちの1つにあたります。

社会福祉法107条

第百七条 市町村は、地方自治法第二条第四項の基本構想に即し、地域福祉の推進に関する事項として次に掲げる事項を一体的に定める計画(以下「市町村地域福祉計画」という。)を策定し、又は変更しようとするときは、あらかじめ、住民、社会福祉を目的とする事業を経営する者その他社会福祉に関する活動を行う者の意見を反映させるために必要な措置を講ずるとともに、その内容を公表するものとする。

  1. 地城における福祉サービスの適切な利用の推進に関する事項
  2. 地域における社会福祉を目的とする事業の健全な発達に関する事項
  3. 地域福祉に関する活動への住民の参加の促進に関する事項

第7回きらっとあさひ福祉大会

 平成30年2月17日(土)、旭公会堂講堂にて、第7回きらっとあさひ福祉大会を開催しました。
 きらっとあさひ福祉大会では、永年にわたり地域で福祉保健活動に携わってこられた方々の功績を顕彰するとともに、きらっとあさひプラン(第3期旭区地域福祉保健計画)の取組をはじめ、区民のみなさんの福祉保健活動を紹介したり、活動に役立つ情報を発信したりしています。
 今回は、表彰式典に続いて、『災害時にいきる!地域のつながり ~日頃の活動の大切さを考える~』をテーマに、パネルディスカッションを行いました。高齢者や障害児・者など、災害時の避難行動や避難所での生活に支援や配慮が必要な人が、安心して暮らせる地域にするためには、日ごろからの関係づくりや、災害時を見据えた相互理解を深めていくことが大切だという共通認識を持ちました。

◆表彰式典◆
 ・地域福祉功労(21件)、寄付金金品功労(5件)、特別功労(9件)
 表彰状授与の様子 表彰者のみなさん
 旭区社会福祉協議会 池田 宏史会長より、受賞者に表彰状が授与されました。

◆パネルディスカッション◆
 ・テーマ『災害時にいきる!地域のつながり ~日頃の活動の大切さを考える~』
 ・ファシリテーター NPO法人Nukiito 代表 高山 弘毅氏
 ・パネリスト  白根第九自治会 会長 渋谷 八郎氏
         瀬谷区知的障害理解啓発グループ ant mama 代表 八木澤 恵奈氏        
         釜石市社会福祉協議会 元事務局長 矢浦 一衛氏
 客席の様子 ファシリテーター パネリスト
 各パネリストの活動発表の後、ファシリテーターを中心に、活発な意見交換がなされました。
 会場のみなさんも熱心に耳を傾けていました。

≪展示発表・作業所製品販売≫
 会場のロビーでは、きらっとあさひプラン(第3期旭区地域福祉保健計画)
地区別計画のパネル展示や、障害者地域作業所自主製品の販売、
喫茶コーナーの提供が行われ、大いに賑わいました。  

地区別計画パネル

 平成29年度きらっとあさひ福祉大会チラシ PDFファイル 2.5MB)

旭区地域福祉保健推進講演会

【テーマ】自分が、大切な人が認知症になっても、地域でしあわせに暮らすために


  平成30年3月24日(土)、旭公会堂講堂にて、旭区地域福祉保健推進講演会「自分が、大切な人が認知症になっても、地域でしあわせに暮らすために」を開催しました。 当日は、「認知症とともに、よりよく生きる」をコンセプトに活動をされている、看護師の水谷佳子さんを講師にお招きし、認知症の人の生の声をご紹介いただきながら、認知症の特徴や日常生活を送るうえでの工夫、認知症があっても暮らしやすい社会をつくるためには…、等について講演いただきました。 また、旭区内で認知症カフェを運営している2団体(きっさプルメリア、みなとの茶店)に、日ごろの活動について発表していただきました。

 講師の講演の様子1 講師の講演の様子2
 講師の水谷さん。親しみやすい語り口で、会場は時折大きな笑いに包まれました。
 「『いい感じ』の時間がたくさんあることが、認知症と生きる希望になる」という水谷さんの言葉が印象的でした。

 認知用カフェ運営団体の発表 客席の様子
 旭区の認知症カフェ運営団体「きっさプルメリア」(希望が丘地区)の山本さん、上杉さん、
「みなとの茶店」(希望が丘南地区)の山口さん、五味さん。認知症の人や家族がほっとくつろげる場として、
また、地域の人が認知症について気軽に学べる場として、カフェを運営していると話していただきました。


 受付の様子
 当日はたくさんの方にご来場いただきました。
 区民の皆さんの認知症への関心の高さがうかがえました。 
 旭区の認知症カフェマップ~           
認知症カフェマップ画像

 上の画像をクリック↑(PDFファイル1,021KB)  
 ※H30.4.1現在
 ※認知症当事者、ご家族、支援者などの参加を
 主としている団体に限らせていただきました。
         ~講演会チラシ~
   旭区地域福祉保健推進講演会チラシ
     上の画像をクリック↑
   (PDFファイル588KB)
 

 

Get ADOBE READER

※PDF(Portable Document Format)をご覧になるには「Adobe Acrobat Reader」(無料)が必要です。
左のアイコンよりダウンロードして下さい。

お問い合わせ
福祉保健課事業企画担当
電話(045)954-6144
ファクシミリ(045)953-7713
E-mail as-fukuho@city.yokohama.jp

▲ページトップへ