- トップメニュー|検索

旭十二景がここで御鑑賞いただけます。

旭十二景について

 昭和59年に旭区制施行15周年を記念して、区民の皆さんに、旭区在住の画家に描いてもらいたい
旭区の風景を募集したところ、12の風景が選ばれ、描かれた風景画を「旭十二景」と名づけました。

 

 「旭十二景」に関係する旭区内の施設等に飾っていますので、お近くにお立ち寄りの際は、
ぜひご鑑賞ください。

 

 旭十二景(五十音順) 

 絵画の説明
(区制施行15周年記念事業誌より抜粋)

制作者名 

 掲示施設名称

 大貫谷戸水路橋
大貫谷戸水路橋 

横浜市の水道は、わが国初の近代水道として
明治20年9月に創設されました。
上川井町の大貫谷戸水路橋は、
梅田谷戸、鶴ヶ峰谷戸と三つ合わせて
全長7,171m、送水量40万トンで、
昭和27年5月耐震補強の水路橋として
完成しました。

小瀧 義夫 先生

都岡地区センター

 帷子川・二俣川と旭区総合庁舎付近
帷子川・二俣川と旭区総合庁舎付近

 

旭区内は、未だ豊かな緑と自然が
保全されております。
区内を流れる帷子川・二俣川の合流地点に
旭区総合庁舎があります。
この風景は、今川町の丘からの描写です。

岡野 正樹 先生

 今宿地区センター

 上白根稲荷神社と周辺の自然
上白根稲荷神社と周辺の自然

上白根町の上白根稲荷神社のあたりは、
今では少なくなった田圃や梅林、竹林等があって、
自然の景観の美しいところです。

市川 保道 先生

上白根コミュニティハウス

 環境事業局旭工場付近(現・資源循環局旭工場付近)
環境事業局旭工場付近(現・資源循環局旭工場付近) 

旭区内の小高い丘に登れば、ひときわ高い
紅白の三本煙突を見ることができます。
昭和48年3月に竣工した環境事業局旭工場です。

岡野 正樹 先生

資源循環局旭工場

 こども自然公園
こども自然公園

旭十二景選定に当り、最も多くの区民が
投票された大池町の「こども自然公園」です。
昭和47年6月に開園され、面積39.9ha、
市内最大の公園で、春夏秋冬その風情を異にいたします。

小瀧 義夫 先生 

今宿地区センター

 白糸の滝
白糸の滝  

白根町の白根神社の境内を
流れる中堀川に大滝、
谷間から溢れる水をあつめた小滝があり、
これを白糸の滝と呼んでいます。
小滝では、行者が修行したことも
あったと言われます。
このあたりの自然も永く保存したいところです。

 市川 保道 先生

白根地区センター

 白根不動
白根不動

白根町の白根不動は、平安時代の末期、
八幡太郎源義家が、前九年の役に大勝を得たお礼に、
鎌倉権五郎景政に命じて建立したものです。
59年は、雪深い年でありましたが、
その「雪の白根不動」を描いた作品です。

樋口 洋 先生

上白根コミュニティハウス

 清来寺
清来寺  

今宿南町の清来寺は、高山と呼ばれる
峰続きの中腹にあります。
鎌倉以来の古寺として名高く、
鶴遊山万亀院と号します。
境内には、樹令700年を数える横浜市名木古木に
指定される「椎の木」もあります。

 樋口 洋 先生

 都岡地区センター

 二俣川駅前自然公園通り
二俣川駅前自然公園通り

相鉄二俣川駅前の自然公園通りは、
オータム・カラーの広いヘーブメントと
美しい並木が続き、
商店街を抜けて、こども自然公園に至る大通りで、
区内でも賑やかな通りです。

井口 由多可 先生

 サンハート

 保土ケ谷バイパスと左近山団地
保土ケ谷バイパスと左近山団地

左近山団地は、昭和43年6月から
入居が始まり、現在1万6千人が住む
大団地となりました。
旭区内を縦貫する保土ケ谷バイパスは、
昭和49年9月に全線開通しております。
「バイパスと団地」新しい風物として捉えました。

小瀧 義夫 先生

 市沢地区センター

 薬王寺と畠山重忠公遺跡
薬王寺と畠山重忠公遺跡

鶴ヶ峰本町の薬王寺には、畠山霊堂があります。
境内には元久2年6月、北条時政らの謀りごとによって、
この地において戦死した畠山重忠公と
その郎党134騎を葬ったと言う六つ塚があり、
今でも墓前祭が行われ手厚い供養が営まれております。

小瀧 義夫 先生

 鶴ヶ峰コミュニティハウス


若葉台団地
若葉台団地 

昭和54年2月、上川井町に若葉台団地が
誕生しました。
若葉台団地は、その名のとおり、
自然の景観の中に溶けこんだ団地として
知られております。

井口 由多可 先生

若葉台地区センター

 

旭十二景が描かれた風景の場所

旭十二景所在図
お問い合わせ
地域振興課生涯学習支援係(2階22番)
電話(045)954-6097
ファクシミリ(045)955-3341

▲ページトップへ