- トップメニュー|検索

区役所アクセス 業務時間 開庁時間 駐車場利用案内
ご提案・ご質問
トップページ   >   青葉区ガイド   >   平成27年発行 青葉区ガイドブック 青葉区へ転入された方へ

平成27年発行 青葉区ガイドブック 青葉区へ転入された方へ

ようこそ青葉区へ!
転入された方は、必要に応じ、次の手続きをして下さい。
(青葉区内で引っ越しされた方も、手続が必要なものがあります)
詳しくは、担当課または横浜市コールセンターにお問合せください。


青葉区へ転入された方へ
■住民登録・印鑑登録
対象 必要な手続き 必要なもの 手続きをすると 担当課
青葉区に転入する人 住民異動届
(新居に住み始めてから14日以内)
・転出証明書(横浜市外から転入した人)
・住基カード(交付済の方)※1
本人確認資料※
・印鑑(認め印)
新住所での住民票が作成されます。 2階 24番窓口
戸籍課登録担当
TEL:978‐2233
FAX:978‐2418
印鑑登録したい人 印鑑登録申請
詳細な内容はこちらを参照してください
・登録する印鑑
・有効期間内の運転免許証、パスポートなど
印鑑登録証(カード)をお渡しします。同時に印鑑登録証明書の交付申請もできます。
※1前住所地にて「住基カードによる転出」を行っている場合、転出証明書は不要です。
※2本人確認資料とは、窓口に来て手続きをする人の本人確認ができるものです。(市民局のホームページへ)

官公庁発行の写真付き本人確認資料(運転免許証など)をお持ちください。本人確認資料が写真付きでない場合等には、さらに別の本人確認資料の提示やご質問をする場合があります。


■印鑑登録
1印鑑登録できる人

 15歳以上で、青葉区に住民登録している人(成年被後見人を除く)。

2登録方法
 本人が、下記のいずれかの方法で申請してください。申請の際は、必ず本人確認資料をお持ちください。
 ※印鑑登録をすると、印鑑登録証(カード)を発行します。
印鑑証明書発行の際にはこのカードが必要です。
(1)文書照会方式 ※申請から登録まで数日かかります。
 用意するもの:登録する印鑑、本人確認資料
区役所での申請後、本人あてに照会書を郵送します。照会書が届いたら、署名・押印(登録する印鑑)して区役所にお持ちください。
(2)保証人方式
 用意するもの:登録する印鑑、本人確認資料、保証人欄に保証人の署名・押印がある申請書
 申請書の保証人欄に、既に印鑑登録している人が保証人として署名(住所、氏名、生年月日)・押印(登録している印鑑)したうえで、発行後3ヶ月以内の印鑑証明書(保証人が市内在住の場合は省略可)を添付すれば、その場で登録できます。
(3)免許証方式 
 用意するもの:登録する印鑑、本人確認資料(運転免許証、パスポートなど)
運転免許証やパスポートなど、官公庁発行の写真付きの本人確認資料(有効期限のあるものは、有効期限内のもの)を本人が提示すれば、その場で登録できます。
 ※代理人申請の場合【(1)(2)のみ。(3)は代理人申請はできません。】
 やむを得ず代理人が申請をする場合は、登録する印鑑以外に、本人直筆の委任状、代理人の印鑑(認印)、代理人の本人確認資料が必要です。((2)の場合は保証人欄に保証人の署名・押印がある申請書も必要です)

3 登録できる印鑑
 1辺8mm以上、25mm以下の正方形に陰影が収まる印鑑。一人につきひとつ登録できます。
※ただし、ゴム印や変形しやすい材質のもの、欠けている印鑑など登録できない印鑑もございますので、詳しくはお問い合わせください。
ハンコのサイズイラスト
※印鑑登録について、詳しくはこちらをご参照ください。

■ 医療保険・介護保険・国民年金
対象 必要な手続き 必要なもの 手続きをすると 担当課
国民健康保険に、
●新たに加入したい人
●引き続き加入したい人
加入届 今までの加入状況により異なります。担当課にお問い合わせください。 一人1枚のカードタイプの保険証が郵送で交付されます。 2階 28番窓口
保険年金課保険係
TEL:978‐2335
FAX:978‐2417
後期高齢者医療制度の保険証をお持ちの人 住所変更手続 ・後期高齢者医療負担区分等証明書
・印鑑
新しい保険証が郵送で交付されます。
介護保険証をお持ちの人、または交付を希望する人(40歳以上) 住所変更手続 ・受給資格証明書(お持ちの人) 新しい介護保険証が郵送で交付されます。
国民年金の第1号被保険者で口座振替の口座を変える人 新しく口座振替をする金融機関でお申し込みください。※年金手帳の住所欄は訂正の必要はありません。納付書の人は、そのまま使えます。 ・年金手帳
・通帳
・印鑑         
2階 30番窓口
保険年金課
国民年金係
TEL:978‐2331
FAX:978‐2417
国民年金の納付にお困りの人 免除制度、学生納付特例制度、若年者納付猶予制度申請 すでに前住所地で申請が承認されている人は承認期間中は継続されます。次回必要な人は新年度に申請してください。 所得に応じ、全額免除をはじめ4段階の免除制度が利用できます。また、後払い制度も利用できます。

■お子さんのいる人(出産予定の人)
対象 必要な手続き 必要なもの 手続きをすると 担当課
出産予定の人、3歳までの子がいる人 妊産婦等移動届 ・母子健康手帳 乳幼児健診の案内や横浜市の予防接種券をお渡しします。
妊婦さんには、妊婦健診費用補助券等もお渡しします。
2階 37番窓口
こども家庭支援課子育て支援担当
TEL:978‐2215
FAX:978‐2422
予防接種【ヒブ、小児用肺炎球菌、BCG、四種混合、MR(麻しん・風しん)、日本脳炎、水痘】を受けていない7歳6か月未満の子がいる人 予防接種券(予診票)の交付手続
次の予防接種を受けていない子がいる人
二種混合(現在11〜13歳未満の子)、日本脳炎(現在9〜13歳未満の子※1)、子宮頸がん予防(現在小学校6年生〜高校1年生相当の女子※2)
予防接種券(予診票)の交付手続き ・母子健康手帳 横浜市の予防接種券をお渡しします。 3階 63番窓口
福祉保健課健康づくり係
TEL:978‐2438
FAX:978‐2419
小学校1年生までの子がいる人
(平成27年10月から小学校3年生までに拡大されます)
乳幼児医療証交付申請(1歳児〜小学校1年生は所得制限があります) ・健康保険証
・所得証明書(1歳児〜小学校1年生で横浜市外から転入の人)
・印鑑
(乳)医療証をお渡しします(健康保険の一部負担金が無料になります)。 2階 27番窓口
保険年金課保険係
TEL:978‐2337
FAX:978‐2417
保育園への入所を希望する人
(市外の保育園に通っている子がいる人)
保育園の入所申込 ・ご家庭の状況により異なります。担当課にお問い合わせください。 入所の可否を通知します。
(転入前の保育園を継続して利用することもできます)
受付:
2階 37番窓口


問合せ:
こども家庭支援課保育担当

TEL:978‐2428
FAX:978‐2422
中学校3年生までの子がいる人※3 児童手当認定の手続 ・厚生年金等に加入されている人は請求者の健康保険証の写し
・請求者名義の銀行預金通帳
・印鑑
認定要件確認の上、引き続きもしくは新たに児童手当が受けられます。 2階 37番窓口
こども家庭支援課こども家庭係
TEL:978‐2459
FAX:978‐2422
公立小・中学校に通っているいる子がいる人 転校手続(住民異動届と同時に手続をしてください) ・在学証明書(これまで通学していた学校で発行) 入学通知書をお渡しします。 2階 25番窓口
戸籍課登録担当
TEL:978‐2231
FAX:978‐2418
18歳未満の子がいるひとり親家庭の人 福祉医療証の交付申請(所得制限があります) ・健康保険証(その他必要な書類がありますので、担当課にお問い合わせください) (親)福祉医療証をお渡しします。
(健康保険の一部負担金が無料になります)
2階 27番窓口
保険年金課保険係
TEL:978‐2337
FAX:978‐2417
18歳未満の子がいるひとり親家庭の人(または母・父に代わって子どもを養育している人) 児童扶養手当の継続要件確認および住所変更手続 ・手当証書
・印鑑
継続要件確認の上、引き続き手当が受けられます。

受付:
2階 34番窓口
問合せ:
こども家庭支援課こども家庭係
TEL:978‐2457
FAX:978‐2422

児童扶養手当を受けている人 特別乗車券の交付申請(児童扶養手当受給の世帯に一人分を交付) ・手当証書 横浜市内のバス、地下鉄などを無料で利用できます。

2階 37番窓口
こども家庭支援課こども家庭係
TEL:978‐2457
FAX:978‐2422

特別児童扶養手当を受けている人 住所変更手続 ・手当証書
・印鑑
継続要件確認の上、引き続き手当が受けられます。 受付:
2階 34番窓口
問合せ:
こども家庭支援課こども家庭係
TEL:978‐2457
FAX:978‐2422
※1 日本脳炎については、平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれは、7歳6か月〜20歳未満も接種可能
※2 厚生労働省の勧告に基づき、平成26年1月現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。
※3 制度が変わる場合があります。詳しくは担当課へお問い合わせください。

■高齢の人
対象 必要な手続き 必要なもの 手続きをすると 担当課
国民年金・厚生年金を受給している人 住所変更手続 ・住所等変更届(専用ハガキ)を窓口でお渡ししますので、年金事務所に郵送してください。 年金支払通知書などが新住所に送付されます。 2階 30番窓口
保険年金課国民年金係
TEL:978‐2331
FAX:978‐2417
65歳以上の人 介護保険の住所変更手続 受給資格証明書
(お持ちの人)
新しい保険証が郵送で交付されます。 2階 28番窓口
保険年金課保険係
TEL:978‐2335
FAX:978‐2417
「濱ともカード」」の交付申請 ・本人確認できるもの
(健康保険証など)
市内の施設・協賛店で割引などのサービス受けられます。 2階 34番窓口
高齢・障害支援課高齢・障害事務係
TEL:978‐2444
FAX:978‐2427
70歳以上の人 敬老特別乗車証の交付申請 ・昨年の所得が確認できるもの(課税証明書)
※必要な年度は担当課に お問い合わせください。
所得に応じた負担金で横浜市内で乗降する乗り合いバス・市営地下鉄に乗れます。
後期高齢者医療制度の保険証をお持ちの人
(75歳以上の人または65歳以上で一定の障害がある人)
住所変更手続 ・後期高齢者医療負担区分等証明書
・印鑑
新しい保険証が郵送で交付されます。 2階 28番窓口
保険年金課保険係
TEL:978‐2335
FAX:978‐2417
国民健康保険加入者で、高齢受給者証をお持ちの人(70歳以上75歳未満の人) 住所変更手続 ・健康保険証
・負担区分等連絡票
・印鑑
新しい高齢受給者証をお渡しします。(医療機関等にかかるとき必要です)

■福祉・保健(障害児・者、被爆者、戦傷病者、特定疾患の人)
対象 必要な手続き 必要なもの 手続きをすると 担当課
身体障害者手帳・療育手帳(愛の手帳)をお持ちの人 住所変更手続 ・手帳
・写真
(市内転居の人、身体障害者手帳をお持ちの人は不要)
引き続き、福祉・保健サービスが受けられます。 2階 34番窓口
高齢・障害支援課
高齢・障害事務係
TEL:978‐2445
FAX:978‐2427
身体障害者手帳1・2級、精神障害者保健福祉手帳1級、療育手帳A1・A2、身体障害者手帳3級と療育手帳B1との両方をお持ちの人 横浜市重度障害者医療証交付申請 ・手帳
・健康保険証
・印鑑
横浜市重度障害者医療証をお渡しします(健康保険の一部負担金が無料になります)。 2階 27番窓口
保険年金課保険係
TEL:978‐2337〜8
FAX:978‐2417
身体障害者手帳1〜4級、療育手帳A1・A2・B1・B2、精神障害者保健福祉手帳、被爆者手帳または戦傷病者手帳をお持ちの人 特別乗車券の交付申請 ・手帳 市内で乗降する乗り合いバス・市営地下鉄などに乗れます(負担金あり)。 2階 34番窓口
高齢・障害支援課高齢・障害事務係
TEL:978‐2444
FAX:978‐2427
被爆者健康手帳をお持ちの人 住所変更手続 ・手帳
・印鑑
・住民票
各種手当を受けている人は、以下も必要
・手当証書
・振込先のわかる預金通帳
引き続き、福祉・保健サービスが受けられます。 3階 63番窓口
福祉保健課健康づくり係
TEL:978‐2438〜9
FAX:978‐2419
被爆者のこども健康診断受診証をお持ちの人 住所変更手続
(県外から転入した人は新規の申請手続が必要になります。詳しくは担当課にご確認ください。)
・受診証
・住民票
引き続き、福祉・保健サービスが受けられます。
肝炎治療受給者証をお持ちの人 住所変更手続 ・受給者証(県外からの転入の人は受給者証のコピー)
・住民票の写し等
医療費が負担軽減されます。
精神障害者保健福祉手帳をお持ちの人 住所変更手続 ・手帳
・印鑑
・写真
(市内転居は不要)
引き続き、福祉・保健サービスが受けられます。 2階 34番窓口
高齢・障害支援課障害者支援担当
TEL:978‐2453
FAX:978‐2427
12時〜13時は受付できません
自立支援医療受給者証をお持ちの人 住所変更手続 ・自立支援医療受給者証
・印鑑
・健康保険証
・最新の課税証明書(市内転居は不要。詳しくは担当課にご確認ください。)
引き続き、医療費が負担軽減されます。
特定医療費(指定難病)医療受給者証をお持ちの人
(一部対象外疾患あり)
住所変更手続 ・受給者証(県外からの転入の人は受給者証のコピー)
・住民票の写し等
医療費の負担軽減がされます。 2階 34番窓口
高齢・障害支援課高齢・障害事務係
TEL:978‐2444
FAX:978‐2427
小児慢性特定疾病医療・育成医療・養育医療を受けている人 住所変更手続
(市内転居のとき)
・受給者証
・住民票の写しまたは住所変更した健康保険証等
医療費の負担軽減がされます。 2階 37番窓口
こども家庭支援課こども家庭係
TEL:978‐2459
FAX:978‐2427
市外から転入した人は新規の申請手続が必要になります。詳しくは担当課にご確認ください。

■市税
対象 必要な手続き 必要なもの 手続きをすると 担当課
横浜市の市税を納付するには 納付書の裏面記載の金融機関またはコンビニで納付してください。ペイジーによる納付もできます。 ・横浜市発行の納付書
・ペイジー納付の場合、インターネットバンキング等の利用については事前に金融機関で手続をお済ませください。
3階 59番窓口
税務課収納担当
TEL:978‐2275
FAX:978‐2415
口座振替希望の人
(市県民税、固定資産税のみ)
口座をお持ちの金融機関への申し込み ・納税通知書
・通帳
・印鑑
・横浜市市税口座振替依頼書
市県民税、固定資産税の税金が引き落とされます。 納税管理センター口座担当
TEL:671‐3747
FAX:671‐3030
排気量125cc以下のバイクをお持ちの人 ナンバープレートの交換 未廃車の場合は
・前のナンバープレート
・標識交付証明書
・本人確認できるもの(運転免許証など)
・印鑑
前の住所地において廃車
申告済みの場合は
・廃車証明書
・印鑑
・本人確認できるもの(運転免許証など)
新しいナンバープレートおよび標識交付証明書をお渡しします。 3階 54番窓口
税務課軽自動車税担当
TEL:978‐2245
FAX:978‐2414
区内に土地・建物等の固定資産をお持ちの人 納税通知書記載の住所に変更がある場合、ご連絡ください。 ・固定資産税の納税通知書 納税通知書が新住所に送付されます。 3階 51番窓口
税務課土地担当
TEL:978‐2248
FAX:978‐2414

(家屋のみの方は50番窓口・家屋担当 TEL:978-2254)
*横浜市税に関する情報は、横浜市財政局 よこはま市税のホームページ http://www.city.yokohama.lg.jp/zaisei/citytax/ をご覧ください。

■その他
対象 必要な手続き 必要なもの 手続きをすると 担当課
犬を飼っている人 飼い犬の登録事項変更手続き ・鑑札、転入年度の狂犬病予防注射済証、手数料など
(さまざまなケースがありますので、事前に必ずお問い合わせください)
青葉区の犬の台帳に登録されます。 3階 62番窓口
生活衛生課環境衛生担当
TEL:978‐2465
FAX:978‐2423

■そのほか引っ越し手続のお問い合わせ先
水道 水道局お客さまサービスセンター
TEL:847‐6262 FAX:848‐4281
郵便 転居届はがき(戸籍課の案内カウンターにもあります)
お客様相談センター TEL:0120-23-28-86
携帯電話・PHS等 TEL:0570‐046-666
電気 東京電力神奈川カスタマーセンター(第一)
TEL:0120‐99‐5771 FAX:0120-993-011(聴覚・言語に障害のある人)
普通自動車 関東運輸局神奈川運輸支局
TEL:050‐5540-2035
FAX:932-3228
ガス 東京ガス引越し専用ダイヤル
TEL:0570‐002230 PHS・IP電話等TEL:948‐1100 FAX:945‐1150(聴覚・言語に障害のある人)
軽自動車 軽自動車検査協会神奈川事務所 TEL:050-3816-3118
FAX:938-7834
電話 NTT東日本
TEL:116 携帯電話・PHS等TEL:0120-116000 FAX:0120‐294462(ふれあいFAX)(聴覚・言語に障害のある人)
不動産登記 横浜地方法務局青葉出張所
TEL:973‐2020
運転免許 青葉警察署 TEL:972‐0110
(運転免許試験場テレホンサービス TEL/FAX:391‐4123
厚生年金 港北年金事務所
TEL:546‐8888
FAX:546-8881

 
■自治会・町内会へ加入しましょう
申込方法 加入については、お住まいの自治会・町内会
役員へご連絡ください。
問合せ先 青葉区連合自治会長会事務局 
TEL:978-2291 FAX:978-2413
青葉区連合自治会長会ホームページ 
http://www.aobakuren.net/