- トップメニュー|検索

区役所アクセス 業務時間 開庁時間 駐車場利用案内
ご提案・ご質問
トップページ   >   区政情報   >   町名の遍歴・由来/青葉台一丁目〜二丁目

町名の遍歴・由来/青葉台一丁目〜二丁目

町名の遍歴・由来/青葉台一丁目〜二丁目

遍歴/由来


昭和42年の土地区画整理事業の施行に伴い、恩田町の一部から新設した町。古くは都筑郡恩田村であった。明治22年の市町村制施行の際、奈良村・長津田村と合併して、田奈村大字恩田となり、昭和14年の横浜市へ編入の際、恩田町となる。平成6年の行政区再編成に伴い、緑区から編入。町名は昭和41年開通した東急田園都市線の「青葉台駅」の駅名を地域要望により採った。開発を行う前この付近は、松・檜・杉などが多く、四季を通じて緑と太陽の豊かな町とする計画で青葉台としたという。

青葉台一・二丁目 美しが丘西 美しが丘 新石川 荏田町 元石川町 荏子田 すすき野 あざみ野 あざみ野南 荏田北 荏田西 大場町 みすずが丘 黒須田 もみの木台 市ケ尾町 鉄町 下谷本町 上谷本町 みたけ台 柿の木台 藤が丘 千草台 梅が丘 さつきが丘 つつじが丘 青葉台 桜台 たちばな台 若草台 桂台 松風台 榎が丘 しらとり台 田奈町 鴨志田町 寺家町 恩田町 あかね台 すみよし台 奈良 奈良町 緑山 もえぎ野 成合町