- トップメニュー|検索

区役所アクセス 業務時間 開庁時間 駐車場利用案内
ご提案・ご質問
トップページ   >   くらしの情報   >   防犯

分野別目次 防犯

防犯


【振り込め詐欺関連情報】
【7月31日付緊急情報:還付金詐欺と思われる電話について】
7月31日、青葉区在住者から問い合わせがあり、還付金詐欺と思われる電話が区内に多数入電している恐れがあることが判明しました。次のような電話には、ご注意ください。
<電話の内容>
・7月30日に青葉区福祉課のサイトウを名乗る者から入電。
・指定難病の更新手続きが行われていないため、平成23年からの医療費の還付金が発生している。
銀行口座振り込みで返金する。口座に50万円以上の残額があれば、手数料が免除される。
・還付金振り込みに関する業務は銀行に引き継いだため、7月31日の午前中に銀行から電話がある。
<対処方法>
このような電話がかかってきたら、迷わず青葉警察署(972−0110)に相談してください。
<青葉区役所から>
青葉区役所には福祉課という課は存在しません。また、還付金に関するお知らせは書面にて通知しており、皆様にこのような電話をかけることはありません。

★緊急のお知らせ「青葉区内で振り込め詐欺被害が発生しています!ご注意ください。」★
【事案1】(平成29年8月8日発生)
金融庁取引課のササキを名乗る男から電話で「詐欺グループが捕まり、不正に取引をしていたことが判明した。あなたの口座も使用される可能性があるのでキャッシュカードを回収させてほしい」等と言われ、自宅に来た男にキャッシュカードを渡してしまった。
【事案2】(平成29年5月下旬発生)
孫をかたる者から「鞄を置き忘れた。鞄の中に学校の重要な書類が入っている」と電話を受けた。その後、駅職員をかたる者から「お孫さんの財布は見つかったが、その他のものは見つからなかった」と電話を受けた。
再び孫をかたる者から「その学校の書類がないと大変なことになる。至急、お金を用意してほしい」と電話があり、自宅近くで犯人の男に現金を手渡してしまった。
【事案3】(平成29年5月中旬発生、同様の手口が同年3月に2件発生)
百貨店の従業員を名乗る者から「他人がキャッシュカードを使用しようとしたのでカードを止めた方がいい。全国銀行協会の電話〇〇〇ー〇〇〇〇に連絡してほしい」と電話を受けた。その電話番号に連絡したところ、「カードが不正使用されており、そのカードを警察に証拠として提出する」と言われ、キャッシュカードを手渡してしまった。
【事案4】(平成29年3月1日(1件)、3日(1件)発生)

青葉区役所職員(医療保険担当)を名乗る者から「医療費の還付金がある」との電話があり、
ATM機で現金を被疑者指定口座に振り込んでしまった。
【事案5】(平成29年2月下旬発生)
銀行員を名乗る者から「タイヤ製造販売会社の株を購入する権利を譲ってほしい」との電話を受けた。
その後、その会社社員を名乗る者から電話で「名義貸しは犯罪。キャンセルに500万円が必要」と言われ、
合計1,000万円をだまし取られた。

 

【青葉区振り込め詐欺対策協議会】
青葉区内で多発傾向が顕著な「振り込め詐欺」について、今後も高齢者を中心として被害の増加が懸念される状況から、青葉区連合自治会、青葉区内の企業、青葉防犯協会など関連38団体による「青葉区振り込め詐欺対策協議会」が設立されました。平成29年6月12日に青葉警察署で発足式が開催され、今後、この協議会を通じて振り込め詐欺の発生状況や手口等の情報共有、広報活動の推進などに取り組んでいくことを確認しました。

【FMサルースによる「振り込め詐欺」情報発信】
振り込め詐欺の最新手口を毎日放送しています。地域の防犯パトロール等にご活用ください。
「あおバリューRadio」11:00〜11:20(配信時間 11:05頃)
「Afternoon SALUS」 13:00〜16:00(配信時間 14:00頃)

消費生活