- トップメニュー|検索

区役所アクセス 業務時間 開庁時間 駐車場利用案内
ご提案・ご質問
トップページ   >   くらしの情報   >   子育て   >   幼稚園・認定こども園(教育利用)

幼稚園・認定こども園(教育利用)

平成29年度幼稚園・認定こども園の入園手続き

 平成27年度から、一部の幼稚園・認定こども園が「子ども・子育て支援新制度」に移行しました。
 新制度に移行する幼稚園・認定こども園は、利用手続きや保育料の仕組みが変更になります。
 以下の「平成29年度認定こども園(教育利用)、幼稚園一覧表 〜青葉区版〜」により、ご希望の園が新制度に移行する幼稚園かどうかをご確認の上、各幼稚園・認定こども園へ入園申込をお願いいたします。
 なお、新入園児募集についての詳細は、こちらのページ(こども青少年局ホームページ)でご確認ください。

「平成29年度横浜市幼稚園、認定こども園(1号認定)利用案内」PDFファイル:990KB)
「平成29年度認定こども園(教育利用)、幼稚園一覧表 〜青葉区版〜」(PDFファイル:670KB)

新制度に移行する幼稚園等の手続き

(1)支給認定について  
   新制度に移行する幼稚園を利用するためには、横浜市から教育・保育を受けるための支給認定を受ける必要があります。支給認定の申請に基づき、横浜市が申請書を受け付けた日から30日以内に横浜市から支給認定証が交付されます。
※ただし、平成29年4月利用開始の場合は、認定事務が集中し審査等に時間を要するため、支給認定証は平成29年1月末までに送付します。

(2)入園手続きについて
   幼稚園、認定こども園(教育利用)の利用を希望する場合は、まず、利用したい園に願書を提出してください。内定を得たのち、各幼稚園、認定こども園から「子ども・子育て支援制度 支給認定申請書兼利用施設届出書(1号用)を受け取ります。必要事項を記入した申請書を入園が内定した幼稚園、認定こども園へ提出してください。申請書は幼稚園、認定こども園を通して横浜市へ提出されます。

「支給認定申請書兼利用施設届出書(1号用)」(PDFファイル:496KB)

現行制度のまま継続する幼稚園

  現行制度(私学助成)のまま継続する幼稚園についての手続きは変わりません。具体的な入園手続きについては各幼稚園にお問い合わせください。
  なお、世帯の所得に応じて保護者の負担軽減を行う「横浜市私立幼稚園就園奨励補助金」制度の詳細は、こちらのページ(こども青少年局ホームページ)でご確認ください。

幼稚園・認定こども園における預かり保育について

  預かり保育は、幼稚園に在園している園児で、保護者の方が就労や、病気などで幼稚園の正規教育時間の前後に家庭で保育ができない場合に、保護者の方に変わって保育する事業です。
  対象は、3歳児(一部の幼稚園は満3歳)から小学校就学前に達するまでのお子様です。
  休園日は、日曜日、祝日、年末年始(平日型の幼稚園は、加えて土曜日と長期休業期間中の5日間)です。
  利用を希望される場合は、通っている(入園予定の)幼稚園・認定こども園へ直接お申込みください。


(1)横浜市私立幼稚園預かり保育事業
   横浜市が認定した幼稚園・認定こども園で実施している預かり保育事業です。
   実施園や利用にあたっての詳細は、こちらのページ(こども青少年局ホームページ)でご確認ください。

(2)幼稚園が独自に実施している預かり保育について
   上記の「横浜市私立幼稚園預かり保育事業」を実施していない幼稚園であっても、独自の活動として預かり保育を実施してる場合があります。
   実施の有無や利用にあたっての詳細は、各幼稚園にお問い合わせください。

PDF形式の文書をご覧になるためには、Adobe(R)Reader(R)が必要です。  ご利用のパソコンにAdobe Readerがインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから  Adobe Reader(無料)をダウンロード、インストールしてご利用ください。


Get Adobe Reader Adobe Readerダウンロードページ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における登録商標または 商標です。